2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単位不足と受験

履修不足:センター試験全6教科義務化検討 文科相が考え
 伊吹文明文部科学相は8日、高校の履修単位不足問題に関連し、全ての国公立大と私大の8割が利用する大学入試センター試験について「高校の必修科目すべてで一定以上の点数があるかどうか確認するために使うべきだ」と述べ、6教科(国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語)すべての受験義務化を検討する考えを示した。衆院文部科学委員会で、自民党の馳浩国対副委員長の質問に答えた。

 伊吹氏は「センター試験で、世界史と日本史が同時間に行われている」と指摘し、試験教科の設定が高校生の「日本史離れ」を招いているとの見方を示した。さらに「高校は予備校ではない。(習熟度の判断を)校長の認定する卒業証書だけに任せておくのは考えなければいけない」と強調。すでに6教科すべての受験義務化を検討するよう省内に指示したことを明らかにした。

 6教科は、いずれも学習指導要領で高校の必修教科だが、センター試験で受験生にどの教科の受験を課すかは、各大学や学部の判断に任されている。来年1月に実施される07年度試験は、4年制大学で全国公立大157校と私大の8割に当たる450校が利用。6教科全てを課しているのは83校にとどまる。【竹島一登】

毎日新聞 2006年11月8日 12時14分 (最終更新時間 11月8日 13時28分)
=================
 センター試験でなくてもいいけど、必修科目を受験科目で必須にするって発想には基本的に賛成。センター試験でやるのが能率がいいのだろうけど、個人的には高卒の資格として試験を課せばいいじゃないかと思う。

 今年の単位不足の処理の問題は別にして、結局、「受験に出るからやる、出ないからやらない」という状態は、それはそれで合理性のある自然な状態。
 それでも勉強させたいなら、受験科目にすればいい。
 「大学生」と言いながら必要最低ラインの知識を備えていないという状態がおかしいんだし、授業時間数よりも、内容をどれだけ身につけているかの方が重要なんだから、受験科目にすればいいじゃないか。
スポンサーサイト

生きている

 ちゃんと元気に生きていると言うことを書いておくか。

 書きたいことが無いわけではないのだけれども、読み手に苦痛でないものをとか思うとアップするのをやめてしまうということが最近増えてきている。まあ、せめて「はれたま」は個人的に僕が生きているのかどうかぐらいに興味のある人が読んでくれればいいか。

 思ったことなどを、一つずつ垂れ流していく。
 家庭教師の仕事が忙しい。受験期が迫ってきて、小六の生徒が曜日を増やして欲しいと。
 そして、僕が行く時にしか勉強をしなかった生徒が、中間テストがあまりに悪すぎてやっとやる気になって「授業を増やして欲しい」と。
 そんなこと言われても、僕も勉強が忙しいのだが(主にテレビドラマとか邦楽の勉強が)。あー、誰かカラオケに行こう。

 とりあえず、今、頭にあって書きたいとか思っていること。

 今年の邦楽年間ヒットチャート
 フィギュアスケート
 嫌われ松子 映画版
 履修科目と受験
 英語の勉強
 宮台の亜細亜主義
 あいのりでの大逆転
 セーラー服と機関銃における長澤まさみの声
 高島彩のどうでもいい顔がやっぱり可愛い

 ・・・あー、いつ書くんだろう。

相変わらずのブルーハーツ(クロマニヨンズ?)

 相変わらず、ブルハってのは品性の無い連中だなぁ、と。
 CDTVに出たのだけど、口パクであることを強調するように、わざと全く合わないように口を動かしているし、ドラムを叩きに行ってるのに、歌だけは流れているという映像になっている。

 これで何かを批評してるつもりなんだろうか。相変わらず、かっこわるい(これ見て喜んだりありがたがったりしてる連中も)。
http://www.youtube.com/watch?v=AxJegpi85eA&mode=related&search=
 生番組でやるならまだしも、録画でやって、これをテレビ局に放映されてる時点で完敗じゃない?。
 放映できない「お蔵入り」ってことなら分かるよ。でも、テレビ局は、そのまんま放映してしまう。仮にメディア批判のつもりなら、お笑いでしかないでしょ。テレビ局が喜んで放映しちゃってるんだから。


 やることに深みが無いんだよな。

ディープインパクト

 負けちゃった・・・・・・・・でも、古馬世界一とかなら言ってもいい?、駄目(^^;)?。

===追記
どうやら、2着に入ったプライドも古馬らしいので、古馬世界一も嘘だ。牝馬だけど。

そういえば

 7月、8月と、そもそも自分がブログを持っていることを忘れているぐらいの恋しさとせつなさと心強さでした。恋しさもせつなさも分かりませんが、心強さが一番分かりにくいと思わなかったのだろうか、篠原涼子。とりあえずいまだに暑さが終わらないということに、何も言えなくて夏のせいで脳がスト中です。


 まぜたま本体では靖国についてとか書いてみましたが、止まることを知らない日本は、次の首相もナルシスティックでアレげな人がなるみたいです。
 それを普通に支持している人達があちこちにいることにドライな笑いしか出てきません。


 と、そんなことはともかく、最近はトキメキが少ないです。亀井絵里の発汗コマーシャルに萌えるという世界一ニヒルな行動をとりつつも、新しい刺激も欲しいなぁ、と思う今日この頃。とりあえず、ニヒルという言葉の意味が間違ってるかもしれません。
 新鮮さはモー娘が8期オーディションをやっていますので、8期生に期待したいと思います。8期生は、おそらく中一とか中二とかでしょうか。そんなコ達を一生懸命応援している僕の一途な思いは、賞讃に値すると思います(逮捕にも値します)。
 堀北真希と叫び続けて、はや2年。このコは来るよ!という意味で叫んでいたわけではなく(予言者的行為は僕は好きじゃないのです)、ブレイクしないだろうと思って叫んでいただけに、ちょっと意外でした。

 ということで、今年は、志田未来!と叫んでおくことにします。

小学生ハイテク化

 ちゃんとしたコメントは機会があれば。適当に関心を持ったニュースをピックアップ。結構、古いニュースも混ざってますので、その辺は御注意を。
 以下、青字・緑字は引用(太字は僕個人の強調による)。=====================
女児連れ去り:16歳少年を未遂逮捕 別の子が携帯で撮影

 山梨県警韮崎署は24日、下校中の小1女児を連れ去ろうとしたとして同県南アルプス市のアルバイト少年(16)を未成年者略取・誘拐未遂容疑で逮捕した。

 調べでは、少年は23日午後3時半ごろ、同県甲斐市のJR中央線塩崎駅前で、トイレから出てきた同市内の小学1年女児(6)に近づき、誘うような言葉を掛けながら腕をつかんで連れ去ろうとした疑い。怖くなった女児がランドセルにつるした防犯ブザーを鳴らしたため、少年はオートバイで逃げた。

 この時、一緒に下校中の小2女児が少年の姿を携帯電話で撮影。オートバイのナンバーが映っていたため同署が少年を特定した。動機について調べている。女児の防犯ブザーは市内小学校の児童に貸与されているものだった。【沢田勇】


 おちおち幼女も誘拐してられません(誤)。
 小学生のハイテク化が進んでいます。WindowsXP搭載型小学生が出てもおかしくありません。しかもタブレット式(首が一回転)。

 直前に防犯セミナーを受けていたということですが、この小学生達、手際が良すぎます。
 むしろ、おとり捜査でしょうか?。
 スケバンと見せかけて刑事という感じで、小学生と見せかけて刑事だったり?。
 すなわち、ガキと見せかけて刑事、ガキ刑事?。あれ?、つーか、それはこまわり君だろ。ん~、死刑!(古いなぁ(苦笑))。

オゾンホールをひっくり返すお好み焼き

 ちゃんとしたコメントは機会があれば。適当に関心を持ったニュースをピックアップ。結構、古いニュースも混ざってますので、その辺は御注意を。
 以下、青字・緑字は引用(太字は僕個人の強調による)。
=====================
オゾンホール:2050年ごろ消滅 国立環境研が予測

濃い青色の部分がオゾンホール。緑、黄、オレンジの順にオゾン層が濃いことを示す=国立環境研究所提供 国立環境研究所(茨城県つくば市)は19日、南極上空のオゾンホールが、2050年ごろ消滅するという予測結果を公表した。オゾン層を破壊するフロンなどを規制したモントリオール議定書による効果という。

 オゾンホールは、大気に放出されたフロンやハロンが紫外線で分解され塩素や臭素を生成、これが成層圏に滞留しオゾン層を破壊してできる。80年代以降、拡大が指摘され、オゾン層で吸収されなかった紫外線による皮膚がんなどの健康被害を心配する世論が高まった。02年に最大面積が2054万平方キロと大幅に縮小したが、その後は小刻みに増減を繰り返しており、はっきりした減少傾向は示していないという。

 同研究所の秋吉英治主任研究員らはフロンやハロンに加え、二酸化炭素など温室効果ガスの濃度変化や、海水温、太陽熱を指標として成層圏での化学反応をスーパーコンピューターで計算。80~90年代の実際の観測データを入力したところ、ほぼ当時のオゾンホールの面積の変化を再現することができた。

 このモデルに、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」が予測するフロンやハロン、二酸化炭素のデータを入力し、今後の変化を予測した。

 この結果、オゾンホールは2020年ごろからはっきりと縮小し始め、2050年ごろまでに、オゾンホールとされるオゾンの濃度が低い領域がほとんど消滅することが分かった。

 秋吉さんは「国際的なフロンガス規制が効果的に作用していることがデータから裏付けられた。しかし、モントリオール議定書に参加していない開発途上国からの排出動向などによって、状況は大きく変わる。国際的な協力が今後も欠かせない」と話している。【山本建】
毎日新聞 2006年5月19日 19時32分 (最終更新時間 5月19日 20時50分)

 油断は禁物ですが、功を奏しているということみたいです。「昔は、川がキレイだった」と小さい頃に親世代に言われ、そして、横浜の黄土色やビリジアンの絵の具を溶かしたような川が、鯉などが住めるキレイな川になっていく過程を見てきた僕としては、人間の科学と理性・規制の力を信じています。実効性のあるエコは国と企業のルール作りと努力から。こういうのこそ、本来、保守政党が得意としなければ困るものなのですけどね。

===============
20分間8枚で合格 「お好み焼の達人」育成
 大阪と並ぶお好み焼き文化の街・広島の味を伝える「お好み焼士制度」が生まれた。上級の「マイスター」は20分間で8枚焼くことが合格基準。達人によって「広島風お好み焼き文化」を伝承するのが狙いだ。
 ソースメーカー、「オタフクソース」(本社・広島市)が社員を対象に設立した。お好み焼きの基礎知識や技術を持つインストラクターと、社内外で料理指導ができるコーディネーター、さらにコーディネーターを指導するマイスターの3段階があり、それぞれ筆記と実技試験がある。

 筆記は作り方など100問(50分)。実技では調理の手際や味などを審査し、マイスターの場合、試験官に説明しながら8枚を焼かなければならない。8月までに試験が行われ、“初代お好み焼士”が誕生。同社は「広島の食文化を伝承する人材を教育することは社の使命」と胸を張る。


 文化の伝承というのなら、せっかくだから横文字ではなく、「名人」「達人」「鉄人」「外国人」とか、日本語で位を作って欲しかった。「お好み焼きのマイスターです」とか言われても怪しさしか醸し出さないのではないか。「黒帯です」とかの方がいいかも。とりゃぁぁぁ、一本背負いぃぃ(ひっくり返す時に ものすごい遠くまで投げ飛ばしそうです)。

たくいつしけん、おわり

 今日は、司法試験の択一試験。

 今年は択一が80問になっていて驚いた。


 ・・・というウソをついても、ほぼ誰もギョッとしないというのは、なんて狭い世界だろうとか思う(今日、試験だったのは本当です。うそは「80問」というところです)。


 こんな嘘をついても、一般人であれば「大体、80問じゃ、3で割れないじゃん!」というツッコミをするのが限界でしょう(それも無理です)。


 ということで、御存知の通り、本日は司法試験の一次試験である択一試験でした(御存知じゃありません)。「厳密には一次試験じゃなくて二次試験の第一段階の試験だろ」という一般人からの指摘を待ちたいと思います。

 試験は三科目で、60問を3時間半で解くという試験です。科目ごとに受けるのではなく3科目を3時間半ぶっ通しでやるところは、大学受験のイメージからは想像し難いかもしれません。


 手応え的には、受かった気がします(例年自己採点しないので、現実は不明)・・・が・・・。


 今年から、(ロースクールから法曹に行く人がいるため)この旧司法試験の最終合格者数がガクっと減ります(500~600人)。大昔、合格者数が、そのくらいの人数だった当時、択一合格者数は4000人ぐらいでした。
 ここ数年の択一合格者数は6500人から7500人ぐらいでしたが・・・仮に今年の択一合格者数が4000人ぐらいだとすると、出願者が35000人ぐらいなので・・・・8.75倍かぁ・・・(昨年は6倍)。

 ・・・・大丈夫か?。とは言え、もう終わったことです。受かってると信じて論文試験の勉強です。

自己破壊的民主主義

 友人が裁判員制度について書いているのを読んで思ったのだけど・・・。
 巷で話題の共謀罪とかもなんですが、最近うんざり度が高まっています。
 自由主義と民主主義を破壊していくだけの自己破壊ルーチン民主主義は、どうにかならんかね・・・。


 「俺の意見にも耳を傾けてくれよ」が民主主義において重要であるのは事実だ。そして、そう思う人が多いからこそ、「(偉そうにして国民から乖離したことしか言わないと思いこまれている)裁判」に「一般市民が参加する」って「良いことだ!」と諸手をあげて賛成をする人が結構いるわけ。
 でも、自分らに義務が伴うとか、諸々の弊害には考えが「及ばない」、そして、そういう「及ばない人」の集まりで裁判をするという怖さということにまで、やっぱり考えが及ばない。

 なんだろう、民主主義ってのは「俺の意見にも耳を傾けてくれよ」も大事なんだけど、誰もがそう思ってるからこそ「分をわきまえる」ってことも重要なのになぁ・・・・って、これはこれで傲慢な意見に聞こえるだろうし、「そうだ!、分をわきまえろ!」って、「児民」党が言論統制とかに使いそうという、また難しいところにぶつかるのだ・・・(-.-;)。
 そして、「権利」が守られなければいけないであろう人達に対して「分をわきまえろ」と叫びまくる分をわきまえない人達という構図・・・。


 ちなみに、以前、裁判員制度について書いた(クリック)のですが、その時、「もう一つの不幸については、後日」と書いたまま、投げっぱなしスープレックスだったのですが、もう一つの不幸とは友人が、ここで書いている内容(クリック)に近いことです。

出産無料化・シンゲルリンゲン

 ちゃんとしたコメントは機会があれば。適当に関心を持ったニュースをピックアップ。結構、古いニュースも混ざってますので、その辺は御注意を。
 以下、青字・緑字は引用(太字は僕個人の強調による)。

=====================
出産無料化を検討 猪口担当相が表明

 猪口邦子少子化担当相は13日午前の記者会見で、入院を含む出産関係費用を国が全額負担する「出産無料化」制度の導入を検討していく考えを明らかにした。若年夫婦らの経済的負担を軽減し、少子化の進展に歯止めをかけるのが狙いだ。
 猪口氏は、出産無料化制度について、関係閣僚による「少子化社会対策推進会議」が6月にまとめる総合的な少子化対策に明記し、同じ時期に閣議決定する「骨太の方針」にも盛り込むことを目指す。

 猪口氏は会見で「『出産はただ』ということは広く視野に入る。(こうした)考え方を検討していく」と述べた。13日午後の少子化社会対策推進会議で報告する。

 これに関連し安倍晋三官房長官は午前の会見で、少子化対策に関して「小泉内閣が取り組むべき最重要の課題だ。さまざまな子育て支援や働き方の見直し、経済的支援を幅広く検討している」と強調した。 (了)


 本気で少子化対策をやりたいなら、子供がいた方が、まず間違いなく経済的にお得である、というぐらいの状態にする(思わせる)べきでしょう。


=========================
シンゲルリンゲン (2006年1月5日)

スウェーデン語で「独身指輪」を意味する。鮮やかな水色をした指輪で、一部が半月形にカットされている。30代のスウェーデン人起業家が「結婚指輪や婚約指輪がもう相手が決まっていることを表示する指輪であるなら、自分が独身であることや恋人募集中であることを知らせる指輪があってもいいのでは」と考えてつくったという。サイズは4つで、男性でも女性でも自由にどの指にはめてもいい。指輪の裏側には女性用サイズと男性用サイズの2つ1組で同じシリアルナンバーが刻まれていて、見知らぬ誰かと数字で結ばれているという「赤い糸」の伝説を味わうことができる。シンゲルリンゲンを指にはめている独身の男女が出会ったときには、シリアルナンバーが相手と同じかどうか確認することもでき、それがきっかけとなって交際に発展することもありうる。インターネットでも販売しているが、日本ではセレクトショップのビームスが運営する直営店ビームスタイムで輸入販売している。1個5995円から。


 これが出会いを提供してくれるといいのですが・・・。難しいなぁ(-.-;)。
 少子化対策と話が連動しますが、「カップル」を作る機会が、世の中は少ないです。出会いの場に積極的に出て行ける肉食獣は少数派です。恋愛は、集団の中でいつの間にか育まれます。男女が豊富にいる集団に複数属すシステム作りが必要なんだと思います。「社内恋愛積極的に推奨」みたいな会社を法律で増やしてみてはどうでしょうか(笑)。

テレビアニメのブラックジャック

 原作のブラックジャックは、小さい頃に何度も読んだため、かなり頭に入ってるのですが、アニメ版を初めて見て、いくつか驚いたこと。

 シャチが生きていた。
 10年前に助けたシャチ。でも漁場を荒らすとかで、助けても怪我をしてくる。結局、治療をしてやるのを止め、自然に帰らないと駄目だとシャチを諭すが通じないで、シャチは死んでしまう・・・はずなのだが、テレビ版では死ななかったらしい。爆弾で海に吹っ飛ばされたブラックジャックをシャチが助けるという子供向けファンタジーになっていた(笑)。

 ラルゴが生きていて、レギュラー。
 ラルゴってのは犬。危険を察知すると人が持っているカバンとかを奪って逃げて、人間を助けるという犬。これも原作では死んでしまうのだが、なんかレギュラーで出ている。

 写楽とワトさんがレギュラーで出ている。これは三つ目が通るのコンビである。

トリビア「証人喚問と日当」 皆の誤解

 トリビアでやっていた。証人喚問で呼ばれた証人には日当や交通費が出る、と。

 そして、怒っている人、多数。


 うむ、どうも勘違いされている(国会議員すら勘違いしている気がする)。

 国会の証人喚問は、公開リンチのための制度ではない。

 そして、悪いことをした人を裁く場でもない。
 簡単に言ってしまえば、裁くのは裁判所の仕事であり、国会がやってはいけないことなのだ(三権分立)。


 悪いことをしたから喚問されたわけではない。この勘違いが、かなり広範囲に存在しているっぽい。悪いことをしたから呼び出されるのは、裁判所であって、国会には情報提供に行くのだ。


 証人喚問は、何のためにあるかと言うと、おおざっぱに言えば、立法のためなのだ。
 国会には「国政調査」をする権利があって、それは、より良い国政をするため、法律や制度に反映させるための資料集めをするために国会に認められている権利である。そして、その国政調査権の一環として証人喚問をやっているのである。

 なので、事件が起きたら、今後、同様の事件が起きないために、どうすればいいのかを検討するために証人を呼んでいるのである。彼らを裁くために責任追及するためにやっているのではないのだ(国会議員すら、あそこを悪人を叩くための場だと思っているっぽいが(苦笑))。


 まあ、実際は、悪党(と認定された人)を袋だたきにする場として利用されている(間違った使われ方をしている)わけですが、証人は、悪人だけでなく、普通に情報をもたらしてくれる人もなり得るわけです。

 理論上は、情報提供者として、あなたが、呼ばれることもありうるわけです。

 そして、証人として、あなたが呼ばれたら、「仕事をなげうってでも行かなければいけない」のです。数日間拘束ですよ。

 日当と交通費、もらうの当然じゃないですか?。

 悪いことをしたことについての罰則は、裁判で別途裁かれるべき問題です。テレビや週刊誌や国会などのリンチの場ではなくね(-.-;)。

民法は眠い

 イヌワシがワシなんだから、ウミネコがネコでもおかしくは無い。
 ヤマネコがいれば、ウミネコもいます(ウミネコはネコじゃありません)。

 と、便りが無いのは良い便りってことで、更新が無いのは、勉強しているからってことにしておいてください。

 今日の夜はなっちのドラマです。上戸彩もフジテレビでドラマです。困りました。こういうのを両手に花って言うんですね。
 「七人の女弁護士」と「弁護士のくず」を見ました。「七人~」の方はリアリティゼロのホームドラマ・火曜サスペンス風刑事物。
 あー、そういえば、「~刑事○×派」とか、刑事物の枠だったなぁ、と思い出しました。こういう、ホームドラマ風のやつってセリフが「そうか、だから犯人は窓を開けていったのですね」みたいなやけに説明口調。

 「弁護士のくず」の方は、トヨエツのほっぺが赤いメイクと髪型は、どうなんだ?。君のファンは泣いているぞ、というのは別として、見応えがあって良いです。「医龍」と同じ枠で「医龍」を見ることができないのが残念。

べいすたーずが独走中

 横浜ベイスターズが独走中です。最下位を。
 一勝六敗一引分・・・・。開幕戦は負けたけど、第二戦で白星だったので、それなりに期待できる!?と思ったのもつかの間のイリュージョン。打率はセリーグ内で3位とそこそこなれど、防御率が6.3とかいう、そんなんじゃ、メガデス唱えるか七鍵守護神呼び出すかしないと逆転できねーだろという防御力の低さ。こんなに最初っから負けっぱなしだなんて、少しの夢も見させてはくれないのですか?(-.-;)。
 いや、そう見せかけて、大進撃が待っているはずだ。いつか(10年以内に)。

みっともない嫉妬

 「うまくいってるヤツの分を削れ」、という発想が、どうしても好きになれない。とても、醜く意地汚いと感じる。自分らも金を儲けようというパイ全体を大きくしようという発想の方が重要だろう。奪うことよりも。

 公務員に天下り先があってもいいじゃないか。天下り先では、働く日数が少ない(にも関わらず高給)という状況があったっていいじゃないか。若い頃には一生懸命働いたのだろうよ。その前には、君らよりも勉強したのだろうよ。

 「成功の一つの形」・「選択のバリエーション」を増やしておくことが、社会の向上心育成に繋がるのに・・・・。そこに至るまでに苦労が無かったと思っているのだろうか?。ホリエモン叩きの時も思ったけど、「悪いことをして」ならともかく、「楽をして」うまくいったヤツを許せないという今の風潮は、とても気持ち悪い(しかもそれほど「楽」なんかしてないだろうに)。

 公務員という選択をした人達が賢かっただけなのに、公務員だけが安定していて卑怯だというやっかみは、社会的な害悪でしかない。宝くじに当たったヤツがズルイとか言っているのに近い。
 公務員減らすよりも、むしろ彼らにやってもらいたい皆の役に立つ仕事をちゃんと増やせよ。やるべきことは、実はたくさんあるぞ。

 まあ、個人的には、今後採用する公務員については、公務員は待遇を良くして、その代わり、仕事は激務、違法なことをすれば超厳罰、当然厳格なチェック機関も用意するという形にして、地位も責任も高い存在にするべきなんだと思う。競争社会の中で、一つの安定職として保持すべきなんじゃないか・・・。公務員叩きばっかりやってたって、公務員の質が下がって、国民の生活なんか悪くなるだけだぞ。

裕木奈江とか

 裕木奈江が、映画に出演する。クリント・イーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」に。

 僕は、特別、彼女のことを好きというわけではない。

 だが、なんだろ、「裕木奈江が嫌い」と言う女性が苦手だ。

 系統は違うが「小倉優子が嫌い」と言ったり、「佐藤珠緒が嫌い」という女性も苦手だ。僕自身、小倉優子にも、佐藤珠緒にも興味はないのだが。

 つまり、「女性に嫌われやすい女性」を嫌う女性が苦手なのだ(苦手というか、イヤな感じ)。

 ついでに言うと、「ジャニーズって嫌い」という女性も、なんか好感が持てない。光GENJIの頃のジャニーズならともかく、今のジャニーズが嫌いとか言ったら、好きな男性は、どんななんだよ?みたいな。ブランドで嫌うなって。なんか、すごい屈折したいやらしさを感じる。

 これらの特徴って、僕の中での「(悪い方向の)女性らしさ」だなあって感じでカテゴライズされてるのだけど。

 まあ、「誰もお前の好みなんか聞いちゃいねーよ」というシュプレヒコールが僕の耳に心地よく響いてくるわけです。生きていてゴメンなさい。

暇つぶし

 暇つぶしに、首都を覚えるという、もう、全く意味のない脳の使い方をしています。


 こうやって暇つぶしをしていて、気付くことは、「暇つぶしをしている時は、大抵、暇ではない」ってことだ。

 ということで、憲法の判例を覚えろ、自分。

・・・今日は

 昨日・今日と、何かを書こうとしても、感傷的なことしか書けないので、今日は書くことをあきらめます。

下品な・・・

 WBCで優勝した日本について韓国の報道では、それなりにイチャモンがつけられている、と。
 それを、わざわざ報道するテレビ局が日本には存在するわけです。まあ、フジテレビって言うんですけどね(他でも報道してるかも)。

 ・・・本当、品がない。
 もしも、逆の立場で、日本は1敗しかしてないのに、日本に2敗した韓国が優勝したら、絶対に、そういう「あの優勝は・・・」イチャモン報道をやりますよ。日本でも。特にフ○テレビは絶対に。
 そういうイチャモンは、すごく下品だと思うけど、それをやって溜飲を下げたいヤツは下げればいいんじゃないの。でも、絶対に同じ場面になったら同じ事をやるはずの連中(ここではフジテレビ)が、そういう行動を批判するってのが、より下品だよなぁ。放っておけばいいじゃん、そんな風に報道されてるなんてことを、わざわざ報道すること自体が恥ずかしいってことぐらい分かれよ。

優勝だよ、おめでとう日本、おめでとう、僕

 優勝しました。WBC(野球の世界一決定戦)で日本が。

 嬉しいです。素直に、ただ嬉しいです。
 僕の中では、たぶん、サッカーがワールドカップで優勝するよりも嬉しい気がします。そっちの方がありえないことであって、奇跡に近いわけだから感激も大きそうですが、やはり、個人的にサッカーに、そこまで思い入れがないということでしょう(もちろん、嬉しいだろうけれども)。

 僕を直接知っている人にもイメージが無いでしょうが、小学生の頃、僕は野球少年でした。少年野球に入ってたし、プロ野球の横浜のファンクラブにも入っていました。何試合も球場まで見に行きました。毎日壁にボールを投げたり、友達と公園で野球をしていました。

 最近は、そんなに野球を夢中で見ていたわけではないけれども、野球を見てるのは好きです。時折バッティングセンターに行きたくなるし、キャッチボールをやりたくもなる。
 その思い入れがあるからこそ、そして、「世界一には届かないであろう」と、小さい頃から思っていたからこそ、世界一は感激です。

 子供の時からの「愛着」というものが、やはり「感動」には大きく影響するのでしょう。「物語」には、「歴史性」が必要ということか。

 イチローの嬉しそうな顔が、僕にも嬉しかったです。
 イチローの入れ込みように関しては、大リーグの人種差別への不満とか色々言われているのですが、僕が思ったのは、イチローは、今のチーム(マリナーズ)のモチベーションの低さに嫌気がさしているのだろうなぁ、と。そして、だからこそ、優勝を目指そうとしていた日本代表での試合に入れ込み、楽しそうでもあったのだろう、と。
 集団のモチベーションが低い時というのは、無力感に襲われるものです。鼓舞しようにも、鼓舞しようがない時、状況というものがあるし、鼓舞しなくても、構成員から湧きあがってきてこそ嬉しいものだし・・・。そう思うと、なんか、マリナーズでのイチロー可哀想です。
 それだけに、おめでとう。日本代表というチームで、世界一になることができて良かったなぁ、と。別に僕には関係ないことなのですが、とても嬉しかったです。

«  | topへ |  次項へ»

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。