2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書メモ

 このコーナー(読書一般カテゴリー)は、僕の読書メモである。
 最近、本を読んだはいいが、読みっぱなしで終わっていることが多いため、できるだけ何かを残しておきたいと思って、急遽作ることにした。
 まだ読んでいない本や、購入してみたい本などまで含まれる予定である。
 本のタイトルをクリックすると、Amazonに飛ぶようになっている。
 ちなみに、カテゴリー分けの都合上嘘の日付で記録しているため、読了、購入時期を明確にしてある。
 何も書き込まれていない部分に、出来る限り、早めにメモしたいと思う(-.-;)。
スポンサーサイト

東大で教えた社会人学―人生の設計篇

東大で教えた社会人学―人生の設計篇
草間 俊介 (著), 畑村 洋太郎 (著)
価格: ¥1,470 (税込)
単行本: 268 p ; サイズ(cm): 20
出版社: 文芸春秋 ; ISBN: 4163665803 ; (2005/01)

読了:2005/03
購入:2005/03

要約:

コメント:
 大学生が、一瞬で読んで欲しいかな。時間かけて読んでもしょうがないけど、まあ、若いうちに、早めに知っておいて損はないという感じの本。
 少々、老人の戯れ言という感があるところもあるし、理系出身の文系社会人が語りがちな、「現状説明だけ」というところが惜しいか。現実ってこういうもの、だから、こういう身の振り方をしましょう、という本。そういう講義だったのだから、しょうがないのだけれども、社会のシステムとして、それはどうなの?という提起が一切無いのが・・・・。

魂の労働―ネオリベラリズムの権力論

魂の労働―ネオリベラリズムの権力論
渋谷 望 (著)
価格: ¥2,310 (税込) 単行本: 293 p
出版社: 青土社 ; ISBN: 4791760689 ; (2003/10)

読了:未定 読み途中
購入:2004/10

要約:

コメント:

世界の大学危機―新しい大学像を求めて

世界の大学危機―新しい大学像を求めて 中公新書 (1764)
潮木 守一 (著)
価格: ¥819 (税込) 新書: 238 p
出版社: 中央公論新社 ; ISBN: 4121017641 ; (2004/09)

読了:2004/11
購入:2004/10

コメント:
 大学から社会が見えてくる?。
 アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスの大学制度の紹介が中心。
 それぞれの国の特徴が分かり興味深い。日本で大学の話となるとアメリカの話ばかりが引き合いに出されるが、四カ国(プラス日本)を比較することで考える大学制度は、もう少しバランスのとれたものになる気がする。

 5カ国とも共通しているのは、20世紀中盤と現在では、大学生の数がかなり増大しているということ。それは大学の大衆化である。
 大学に通うのが人口の極一部であった時代と、かなり多くの人が大学に通うようになった現在では、大学のあり方が同じであることは難しい。
 では、各国は、どういう道を歩み、どんな対応を採ったのか?ということが、この本には書いてある。
 大学の制度を見ることで、それぞれの社会がどんな社会なのかも垣間見ることが出来て、興味深い本だった。もう一度、ちゃんと読んで各国別の特徴を表にできたら良いかも(記憶に頼って、今、書くと、嘘を書きそうだ)。
 「学者の値打ち」「魂の労働」と並行して読んだせいか、大衆社会にとって意義の高い大学とは何かという点、即時的な「金になる」か否かだけで大学を見ることの問題点、アメリカを形作る人達の思想背景などまで色々と考えてしまう本であった。
 大学がどのようなものであるべきか、ということとは別に、初等教育制度をどうにかしないとまずいんじゃないの?、という危機意識も自分は強いのだが、それは、また別の話だな。(2004/11/16)

朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論

朝日新聞記者が書いたアメリカ人「アホ・マヌケ」論 講談社 +α新書
近藤 康太郎 (著)
価格: ¥840 (税込) 単行本: 184 p
出版社: 講談社 ; ISBN: 4062722674 ; (2004/07/21)

読了:2004/10
購入:2004/10

要約:

コメント:

絶望・断念・福音・映画

絶望・断念・福音・映画―「社会」から「世界」への架け橋(オン・ザ・ブリッジ) ダ・ヴィンチブックス
宮台 真司 (著)
価格: ¥1,785 (税込) 単行本: 368 p
出版社: メディアファクトリー ; ISBN: 4840111308 ; (2004/08)

読了:未定 読み途中
購入:2004/08

要約:

コメント:


頭がいい人、悪い人の話し方

頭がいい人、悪い人の話し方 PHP新書
樋口 裕一 (著)
価格: ¥750 (税込) 新書: 219 p
出版社: PHP研究所 ; ISBN: 4569635458 ; (2004/06)

読了:2004/09
購入:2004/09

要約:

コメント:

“意味”への抗い 北田 暁大

“意味”への抗い―メディエーションの文化政治学
北田 暁大 (著)
価格: ¥2,625 (税込) 単行本: 275 p
出版社: せりか書房 ; ISBN: 4796702563 ; (2004/06)

読了:2004/11時点で、2割読了
購入:2004/夏

要約:

コメント:

早期教育と脳

早期教育と脳 光文社新書
小西行郎 (著)
価格: ¥735 (税込) 新書: 198 p
出版社: 光文社 ; ISBN: 4334032621 ; (2004/08/18)

読了:2004/10
購入:2004/10

要約:

コメント:

すばらしき愚民社会

すばらしき愚民社会
小谷野 敦 (著)
価格: ¥1,365 (税込) 単行本: 229 p
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4104492027 ; (2004/08/26)

読了:2004/11時点、6割読了
購入:2004/10

要約:

コメント:


学者の値打ち 鷲田小彌太

学者の値打ち ちくま新書
鷲田小彌太 (著)
価格: ¥756 (税込) 新書: 235 p ; サイズ(cm): 18
出版社: 筑摩書房 ; ISBN: 4480061800 ; (2004/07/06)

読了:2004/11
購入:2004/07

要約:

コメント:
 正直、恣意的に過ぎる感じ。鷲田氏の本としては、分かりにくい本に仕上がってしまっている気がする。
 部分部分、色々と示唆を受ける部分があるのだが、全体構造が把握しにくく、網羅性も薄いため、頭に残りにくい(自分の記憶力の問題でもある)。

バカの壁 養老 孟司

バカの壁 新潮新書
養老 孟司 (著)
価格: ¥714 (税込) 新書: 204 p
出版社: 新潮社 ; ISBN: 4106100037 ; (2003/04/10)

読了:2004/春
購入:2004/春

要約:

コメント:

現代日本の問題集

現代日本の問題集 講談社現代新書
日垣 隆 (著)
価格: ¥756 (税込) 新書: 268 p ; サイズ(cm): 18
出版社: 講談社 ; ISBN: 406149726X ; (2004/06/21)

読了:2004/夏
購入:2004/夏

要約:

コメント:

実録 男性誌探訪 斎藤 美奈子

実録 男性誌探訪
斎藤 美奈子 (著)
価格: ¥1,470 (税込) 単行本: 352 p
出版社: 朝日新聞社 ; ISBN: 4022578815 ; (2003/12/12)

読了:2004/春
購入:2004/春

要約:

コメント:

日本の所得格差と社会階層

日本の所得格差と社会階層
樋口 美雄 (著), 財務省財務総合政策研究所 (著), 財務総合政策研究所= (著)
価格: ¥3,360 (税込) 単行本: 267 p
出版社: 日本評論社 ; ISBN: 4535553602 ; (2003/12)

読了:2004/11時点で4割
購入:2004/09

要約:

コメント:

反社会学講座

反社会学講座
パオロ・マッツァリーノ (著)
価格: ¥1,500 (税込) 単行本: 305 p
出版社: イースト・プレス ; ISBN: 4872574605 ; (2004/06/20)

読了:2004/夏
購入:2004/夏

要約:

コメント:

モダンガール論

モダンガール論 文春文庫
斎藤 美奈子 (著)
価格: ¥690 (税込) 文庫: 329 p
出版社: 文芸春秋 ; ISBN: 4167656876 ; (2003/12)

読了:2004/春
購入:2004/春

要約:

コメント:

人間は考えるFになる

人間は考えるFになる
土屋 賢二 (著), 森 博嗣 (著)
価格: ¥1,470 (税込) 単行本: 228 p
出版社: 講談社 ; ISBN: 4062125803 ; (2004/09/04)

読了:2004/10
購入:2004/10

要約:

コメント:

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

裁判長!ここは懲役4年でどうすか―100の空論より一度のナマ傍聴
北尾 トロ (著)
価格: ¥1,365 (税込) 単行本: 271 p
出版社: 鉄人社 ; ISBN: 4990073037 ; (2003/11)

読了:2004/春
購入:2004/春

要約:

コメント:
 万人向け、オススメ。

街場の現代思想

街場の現代思想
内田 樹 (著)
価格: ¥1,470 (税込) 単行本: 241 p
出版社: NTT出版 ; ISBN: 4757140754 ; (2004/07)

読了:2004/08
購入:2004/07

要約:

コメント:
 万人向け、オススメ。

«  | topへ |  次項へ»

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。