2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらずのブルーハーツ(クロマニヨンズ?)

 相変わらず、ブルハってのは品性の無い連中だなぁ、と。
 CDTVに出たのだけど、口パクであることを強調するように、わざと全く合わないように口を動かしているし、ドラムを叩きに行ってるのに、歌だけは流れているという映像になっている。

 これで何かを批評してるつもりなんだろうか。相変わらず、かっこわるい(これ見て喜んだりありがたがったりしてる連中も)。
http://www.youtube.com/watch?v=AxJegpi85eA&mode=related&search=
 生番組でやるならまだしも、録画でやって、これをテレビ局に放映されてる時点で完敗じゃない?。
 放映できない「お蔵入り」ってことなら分かるよ。でも、テレビ局は、そのまんま放映してしまう。仮にメディア批判のつもりなら、お笑いでしかないでしょ。テレビ局が喜んで放映しちゃってるんだから。


 やることに深みが無いんだよな。
スポンサーサイト

せくしーうぇうぇ

 お願いします。

 しのごの言わずにここをクリック!
 そして、動画を見てくださいm(_ _)m。
 モー娘新曲です。

 買ってくれとか言いません。見てくれるだけでいいんです。
 ついでに、他の人にも、リンク先を薦めてくれると嬉しいです。

 セクシーうぇうぇ♪ セクシーうぇうぇ♪


 なんだか分からない世紀末な絵で解説されているダンス振り付け解説はこちらをクリック。

ハレンチ☆パンチ

 NHKポップジャムにハレンチ☆パンチとかいうコ達が出ていた・・・。ガールズバンド・・・もどき。
 曲調・歌詞の世界はZONE、動きはオレンジレンジ系、トークは・・・意味不明(ある意味、モー娘系統か?)。謎なコ達だ。とりあえずウザい(笑)。が、それなりに可愛いから許す(笑)。

音楽番組に文句あり

 結局、考え考えしながら更新をしてしまい、こっちの更新頻度が落ちていて意味がなくなってきています。当初の目的では思うことを垂れ流しにしていくことで全体的な更新頻度を上げることを目標としていたので。
 ということで、今は音楽番組のビデオを見ています(ということを単に報告していきます)。
 留守中に溜まっていた音楽番組ですが、相変わらず「うたばん」「HEY×3」は歌番組として機能していないため、かなりガッカリな感じ。そろそろ定期的に録画するのをやめようかな、と感じています(-.-;)。(あのゴールデンの時間帯で)もうちょっと色々なアーティストを紹介してくれなければ、ミュージックシーンだって活性化しないってば。音楽業界的には、そろそろ誰か何か言うべきだと思う。音楽だけだと視聴率が下がる、だから音楽は「やらない」って、あまりにも音楽を広めようという意志が無くて酷すぎ(苦笑)。結局、工夫が足りないだけだろう、って。

 どうでもいいが、DEPAPEPEの右側の人は、GLAYのTAKUROに似ている。

またもやモー娘DVDを見ての想い

 またもやモー娘DVDのこと(大丈夫か、自分)。
 ミキティがロマモー・・・これ専門用語か・・・「ロマンティック浮かれモード」の略です・・・を歌ってるんですよ。その歓声の大きいこと!。
 ミキティが娘。に入ったことで、大人数の中でツッコミトークをするのを見る機会が増えたし、仮にソロで、あのままやっていても、あややですら、今の程度の売上であることを考えると(CMはともかくCDのことね)、ミキティが音楽番組に出続けていられたかは怪しいところ。そう考えれば、モー娘への加入は良かった。でも、ソロも並行して続けさせてもらえると思っていただけに、そこが残念だ、と、ロマモーを聴いて、そういう思いを改めて抱いた。カン娘への出張とか、ソロに近いものがあったし、モー娘内でも、ソロパートをかなりもらっているわけだし贅沢言ってはいけないのかもしれないけどね・・・。

 涙が止まらない放課後では、紺野・道重コンビという歌唱力怪しいコンビに石川(この人も微妙)とミキティという四人だったわけだけど、バランスから考えれば、保険だったのかなと思うけど変に上手いミキティを使わずに亀井辺りを使った方が良かった気がする。亀ちゃんの修行にもなったし。

 テレビ出演する頃って、その曲を歌い始めたばかりだからしょうがないのだろうけど、ライブDVDで聴いたらテレビ出演当時よりも随分上手くなっていた<涙がとまらない放課後。うん、それは「涙が~」に限らず、「浪漫」も「大阪恋の歌」も「Theまんパワー」も、ツアーの間に歌いこんだだけに、皆、こなれていたねぇ。

 とは言え、音程はギリギリとれていたけど呼気の安定が高橋・ミキティ・田中と比べると、紺野・道重はあまりにも稚拙・・・。その辺りは課題・・・?。まあ、下手キャラでいくってのもありだから、それはそれでいいのか。
 って、こんなに長く語っている自分に鬱(それでもアップはしてしまうのが、はれたまクヲリティ)

モー娘DVDを見て

 基本的にミキティと高橋が同質の声としてセットにされ、れいなと新垣がやっぱりセットになっているのか。
 これだけレベルの高いダンスの中で、それほど勘が良いとも思えない久住が一人で入っていくのは辛いことは、想像に難くない。ゴマキが入った時のモー娘「なっちwith愉快な仲間達」は、今と比べたら、なんとなく手を左右に振り回しているだけの単なる「アイドル」だったからだ(ちなみに、僕は当時もファンだったけど)。


 今回のDVDを見て思うのは、高橋愛が元々うまかったけど、歌・ダンスともに完成度が高いということ。歌ってる時の表情の作り方にしても、かなりキている。クールな表情をしている時の高橋には、オーラを感じる。

 普段、あまりにも何を考えているのかが分からない高橋。
 ハロモニや、その他の番組などを見ていても、彼女だけは「肉声」が伝わってこない。天然的なボケをかますとかいうのではなく、恒常的に「天然」に見える。誰かの卒業の時でさえも、彼女が考えていることが全く見えない。ダンス・音楽で満たされた空洞なのかもしれない。

 ただ一度だけ、彼女の声なき「肉声」を前に見たことがある。
 うたばんにて、「エースを探せ」オーディションの最中だと、モー娘が貴さんに説明した時のことだ。
 「じゃあ、それはエースが、この中にいないってことじゃねーのかよ?」と至極真っ当なツッコミをされた時に、他のメンバーが笑っていた中、彼女だけが真剣な顔で首をコクコクと縦に振っていた。彼女だけが、ただ一人、危機的状況を真剣に受け止めているように見えた。あの表情と態度に、モー娘に対する真剣な想いと「肉声」を見た気がする。

HEYHEYHEY つんく・杉田かおる・高島彩

 HEY×3を見て思う。高島彩は、やっぱり可愛い。顔バランスがなっちに似ている。あの高くない細い鼻がいい。
 そして、杉田かおるとつんくか・・・。トークバラエティ番組として見れば面白いんだけどなぁ。求めているものが違うし・・・。

 ちゃんと、音楽番組として機能して欲しい(苦笑)。

ミスチル「四次元」 驚きの初動

 初動売上に驚きました。
 40万枚ぐらいと予想したのですが、まさかまさかの56.9万枚・・・。
 初動50万枚越えは、SMAP「世界で一つだけの花」以来。
 久々に累積でミリオンが出るか?。

ミスチル「四次元」の初動売上

 ミスチルの「四次元(未来・and I love you他)」は初動で何万枚を売るだろうか。
 昨年の「Sign」の初動37万枚を越えるだろうか?。そして、越えるとしたら、どれぐらい越えるだろうか。

 全体のCD市場の売上は昨年とあまり変わらない感じなので、Signと比べて極端に落ちるということは無いだろう。
 ただ意外とCMタイアップというのはドラマタイアップと比べると有効じゃないしなぁ。
 とは言え、4曲がタイアップ付きというミニアルバムであることを考えると、アルバム「シフクノオト」の初動が80万枚だったこととの関係で、結構いくのかもしれない?。

 と言うことで、Signより微増。シフクノオトの半分の40万枚でどうだ。ハウマッチ。

ミスチル買った

 ミスチル、シングル(と言うよりミニアルバム)「四次元」を買った。
 カテキョに行く途中で買ったので、家に帰るまで聞けないのが残念だ。こういう時、僕のパソコンがCD・DVDドライブ付きだったら移動中に聞けるのにと思ってしまう。せっかち過ぎです、家に帰るまで我慢してください自分。

 で、移動中に更新してるわけだが、電車の中ってのは、読書とか、更新(=独り言)とかに向いてるんだろうなあ、と。
 

Mステのミスチルとか

 ミスチル目当てでMステを見ていたら、なんとバックストリートボーイズが出ていた。おぉ、久々に聴いた。やっぱりいいなぁ。サビは分からないけど、サビ以外は口パクじゃなかった。外タレには珍しいな。
 ミスチルの「and I love you」は、イメージ通りの曲だったな。「未来」がサビ以外、全くイメージと違ったし、歌詞もイメージからかなり遠いものだっただけに(笑)。
 来週Mステが休みらしい、残念。

☆★☆
 MusicFighter(音楽戦士)に後藤真希が出演していた。

 青木さやかが、前回モー娘。が出演していた時に、青木さやかに対して、観覧席に声を出さずに「死ね死ね死ね」と言っている(っぽい)ファンがいたという話題からスタート。


 そして、ゴマキの作った飲み物に「おいしくない」と青木が言った時に

 観客席から、絶妙のタイミングで声が聞こえた。


 「死ねっ」

 ・・・笑った。

ラルクのニューアルバム

 昨日フラゲしたラルクのアルバム。
 tetsuの曲が少ない。
 シングル曲が4曲も入ってるけど、最近のラルクシングルにはカップリングが事実上無いから(Punkファン、ゴメン)、ニューアルバムには、新曲がたくさん入っていて嬉しい。

 好きなものには金を払おう、文化には金を出そう。うむ、出して良かった。僕にとってラルクの曲はシングルとアルバムで差が無いのが良い。B’zとミスチルはアルバム曲よりもシングル曲の方が明らかに好きなんだよなぁ・・・・その意味ではアルフィーもシングルとアルバムは差が無い。いや、むしろ、シングル曲に好きな曲が少ないかも・・・シングルはフラレボまでかも・・・それより後のシングルは、なんか好きなのが少ない。

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。