2005-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共存共栄?

一人になりたいです(-.-;)
てゆーか、僕は「誰か」と同じ布団に添い寝してもらいたくないし、トイレの個室に入っても「誰か」と一緒って環境が辛いです(苦笑)。

え?「誰か」って誰?

それは、人間以外の生命体のことです(主に羽蟻とか、カナブンとかコキプリ様とか)。

・・・・羽蟻が大発生してます(-.-;)。キメラアントじゃないことを祈る。

トイレの個室には、必ず先客(=足が六本とか、八本とか、百本とかある方々)がいらっしゃいます・・・・。無~理~だ~か~ら~、誰とでも仲良くするなんて。
彼ら、手が多くて握手もできません(>_<)<したくないけど
スポンサーサイト

夏の海

 台風の最中、海辺に来ています。高校の部活動のOBとして来ています。クラシックスタイルスイミングウエアで泳ぐのです(?)。台風なのでやることもないし、虫は多いし、電波環境は悪いし、帰りたいです(苦笑)。
 僕は、一日に12時間はネットをしないと頭がおかしくなってくるのです(<s>ネットをしてもしなくt</s>)。

 エアエッジの電波が悪いので、携帯からの更新です。って、携帯で文を書いてるわけでも、携帯でパソコンをネットに繋いでいるわけでもありません。
 どういうことか。文書自体はパソコンで作ってます。で、それを携帯に(わざわざ)転送して、携帯メールを利用して更新しているということ(何故、そこまでするか?>自分)。

 読書をしたいのですが、どうもここへ来ると脳みそが労働争議でも起こしているらしく働いてくれません。給料下げてやる。解雇してやる。とりあえず、脳スト決行により、読書がなかなか進まない(時間はあるのに)。そして、電波が悪いため、昨日アップするはずものを今更アップすることになりました。今日は好い天気です。どっぴーかんの晴れた空。日焼けに気を付けます。

25時間テレビ さんま

 いやぁ・・・(25時間テレビ)さんまと紳助、すごいや。単なるトークが、かなり面白い。
 昨年も思ったけど、これだけ長く第一線で生き残るって、レベル違うわ。この二人。
 このさんまの笑いをとることへの貪欲さはスゴイ。偉くなりすぎたさんまと同格でツッコミを出来る立場の人ってのも、今の業界では少ないから、紳助とのトークはかなり面白い。
 もともとは、さんまは、タモリとかたけしにいじられる立場で面白かったのに、最近は、いつの間にか大御所だもんなぁ。これぐらいの丁々発止をさんまに気を遣わずにやってるシーンって、近年では見られない。うむ、見ていて良かった。

 かまさわぎ、見たいけど、眠いなぁ。録画するか・・・。

色っぽいビスケット☆ モー娘。の新曲「色っぽい じれったい」

 モー娘について、軽く書こうとしたら長くなった・・・。ので、アップをあきらめた(-_-;)。
 推敲して、「まぜたま」にアップしたいと思いつつ、無駄に忙しいからなぁ・・・。

 「まぜたま」に書いた、カルトと自己責任の話も、読み返してみると長すぎるんだよな。趣旨は伝わりにくい気がする。後で補足したいけど、結局、カルトの話はどうでも良くって、「判断する」なんて、「ごく個人的な」ことのように思えるけど、実は「判断」すらも「共同作業」なんだよって、「個人」に疑いの眼差しを向けるポストモダン的には当たり前のことを、カルトの話を通じて言っておきたかったってことなのだ。
 社会や制度がなければ、他人の眼差しの集合体が無ければ、僕らは「カルト」と「医者」の区別すら付かないんだってことを忘れてはいけない、と。なんでも「自分の目」で見ることを強調することは、自分の目への明らかな過信なんだよ、ということです。

使い分け

 はれたま向けに、つらつらと思うことを書いてたら、思いのほか長くなったから、まぜたまにアップしてしまった・・・・

 使い分けが、内容よりも長さの問題になってきている(苦笑)。

 文春の広告に、「読者調査によると、安倍じゃないと自民崩壊」とか書いてある・・・・だから文春読者はd(以下、省略)

きょとん

 てゆーか(?)、電車男にも堀北真希が出ている。
 ドラマ版電車男は、ネットのまとめサイトで読んだ当時のことを思い出して、懐かしい。

 結構、重要な書き込みとかが再現されている。ただ、(僕が好きだった)どんなに進歩したように見えても彼がケロロ軍曹を見るのは忘れない、ヲタが止められない止まらない!ノンストップオタ!なところとかが描かれていない。そこが残念(笑)。劇団一人がキモさ爆発なのもキュート!(キュートの使い方が間違ってます)。


 「幸せになりたい」の深田恭子・・・あのキョトン顔が可愛い。ツインテールの格好はいまいちだけど、掃除の格好はかなりイイ!!。イイ!!。あと三回ぐらい「イイ!」と言っても良いぐらいだ。回転しながら言ってもいい(回転に意味はない)。

 キョトン萌え!!

 キョトン深きょん!

 言いにくいぞ、キョトン深きょん!

来週の更新

 とりあえず、来週のサンデーのグラビアが堀北真希らしいので、絶対に買い逃したくないが、来週は海辺でクラシックスタイルな水着でバカンスなので買い逃してしまうかもしれない。
 ・・・・いや、あそこはコンビニぐらいしか娯楽が無いので買い逃すことは無いか。
 つーか、PHSも繋がらない地域なので、更新が携帯メール更新になる。文章は短いものばかりになるであろう。

 と、そんな個人的な情報を誰が読むのか分からないが、まあ、知り合いも結構読んでいるからいいのだよ、こっち(はれたま)は、制限無しのそういうサイトだから、自分で自分を許してあげたい(もう、自分で自分を褒めてあげたいとかが、オリンピックでメダルを取った人のセリフだってことすら忘れられている時代なんだろうなぁ、とか思いつつ、メダルとったことと、blog更新の言い訳が同列に扱われることに疑問を抱かないわけでもない)。
 ルービックキューブを久々に一生懸命やってタイムを縮めようとしているのだが、果たして、この行動にどんな意味があるのだろうか。いや、意味を求めてはいけないのだ。とりあえず、電車の中でルービックキューブやってる茶髪の人を見かけたら、それは僕です。はじめまして。目をそらさないでください。

次世紀ファーム研究所

 このニュース(クリック)が、ちょっと謎。


 岐阜の自然食品研究所「次世紀ファーム研究所」に滞在していた女子中学生が死亡。外傷などは無し。神奈川の女子中学生らしい。

 母親曰く、「娘は病気だった」・・・?。

 次世紀ファーム研究所って、何?。「や○ぎし」っぽいやつ?。
 「滞在」って?。
 何故、神奈川から岐阜?
 検索かけても、次世紀ファーム研究所って出てこないし・・・。
 いや、好奇心ですので、そういう変なニュースというわけではないのなら、申し訳ない。

☆★☆
追記:
 こちらにも、カルトと自己責任についての考察を書きました(←クリック:まぜたま)

追記:
 なんのかんの言って、こういう時、2ちゃんねるは便利だ。ニュー速+でスレが立っている。
 「真光元」とやらで検索すると、上記ニュースの「堀洋八郎」という人に関する情報が色々と分かる。
 まあ、今回の事件の真相は不明だけど。スレには、自称そのコの兄という人物が降臨しているので、それを「釣り」ではないと判断するなら、インシュリンうんぬんということなのだろうが、まあ、事の真偽は まあいいや。・・・まあいいやって、自分から好奇心で書き始めたくせに(苦笑)。

プロフェッサーキューブ

 昨年、ルービックリベンジ(4×4×4)の六面完成は、ルービックキューブ(3×3×3)に無いパターンを色々と考えるために、丸三日ぐらいかかってしまった。
 今回のプロフェッサーキューブ(5×5×5)も、同じぐらいかかるかと思ったが、4時間ほどで完成してしまった。残念(>_<)。
 基本的にはルービックキューブやリベンジでのパターンだけで対処できてしまう。
 たぶん、ここを読んでる人には、全く意味が無いだろうが、リベンジの手順だけメモっておく(やり方は他にも色々考えられるが、あくまで僕の手順である)。

リベンジ
1)白のコーナーキューブを合わせる→(裏)青のコーナーキューブを合わせる(ルービックキューブのパターンで対応)

2)白・青のエッジキューブを合わせる(ルービックキューブのパターンで対応)

3)他四色のエッジキューブ:隣り合うエッジキューブ二つをルービックキューブの一つのエッジキューブと考えられるように、同じ色同士を組み合わせる(リベンジ独自パターン)

4)エッジキューブの位置と向きを合わせる(ルービックキューブのパターン)

5)ルービックキューブではありえない位置関係があるので、入れ替え、向き変えなどの独自パターンで位置・向きを合わせる。

6)センターキューブの位置を合わせる(独自パターン)

 これで完成なのだが・・・詳細の説明が無いと分からないよなぁ・・・。
 ・・・・これ、リベンジを完成させたい人の参考にすらならないし(苦笑)。

 まあいいや(台無し)。

英語とか・・・

 普通にパソコンに向かっていると書き込んでいるのだけど、珍しくパソコンに向かう頻度が低かったので、ここ数日、あまり更新されていない。自分の生活が分かって、微妙にイヤな感じだ。

 家庭教師用の英語プリント作りの最中だ。
 複文をやる前に単文を徹底的に教えておいてやらないと、関係代名詞やらの複文段階で躓く。なので頑張って叩き込まねばならない・・・・頑張れ自分、頑張れ克哉。

ルービック仲間

ルービック3兄弟
仲間が増えました。
3×3(ルービックキューブ)と4×4(ルービックリベンジ)は自力で六面完成しました。
そうしたら5×5(プロフェッサーキューブ)をもらった。
・・・・大変そうだが、頑張ります。

またもやモー娘DVDを見ての想い

 またもやモー娘DVDのこと(大丈夫か、自分)。
 ミキティがロマモー・・・これ専門用語か・・・「ロマンティック浮かれモード」の略です・・・を歌ってるんですよ。その歓声の大きいこと!。
 ミキティが娘。に入ったことで、大人数の中でツッコミトークをするのを見る機会が増えたし、仮にソロで、あのままやっていても、あややですら、今の程度の売上であることを考えると(CMはともかくCDのことね)、ミキティが音楽番組に出続けていられたかは怪しいところ。そう考えれば、モー娘への加入は良かった。でも、ソロも並行して続けさせてもらえると思っていただけに、そこが残念だ、と、ロマモーを聴いて、そういう思いを改めて抱いた。カン娘への出張とか、ソロに近いものがあったし、モー娘内でも、ソロパートをかなりもらっているわけだし贅沢言ってはいけないのかもしれないけどね・・・。

 涙が止まらない放課後では、紺野・道重コンビという歌唱力怪しいコンビに石川(この人も微妙)とミキティという四人だったわけだけど、バランスから考えれば、保険だったのかなと思うけど変に上手いミキティを使わずに亀井辺りを使った方が良かった気がする。亀ちゃんの修行にもなったし。

 テレビ出演する頃って、その曲を歌い始めたばかりだからしょうがないのだろうけど、ライブDVDで聴いたらテレビ出演当時よりも随分上手くなっていた<涙がとまらない放課後。うん、それは「涙が~」に限らず、「浪漫」も「大阪恋の歌」も「Theまんパワー」も、ツアーの間に歌いこんだだけに、皆、こなれていたねぇ。

 とは言え、音程はギリギリとれていたけど呼気の安定が高橋・ミキティ・田中と比べると、紺野・道重はあまりにも稚拙・・・。その辺りは課題・・・?。まあ、下手キャラでいくってのもありだから、それはそれでいいのか。
 って、こんなに長く語っている自分に鬱(それでもアップはしてしまうのが、はれたまクヲリティ)

モー娘DVDを見て

 基本的にミキティと高橋が同質の声としてセットにされ、れいなと新垣がやっぱりセットになっているのか。
 これだけレベルの高いダンスの中で、それほど勘が良いとも思えない久住が一人で入っていくのは辛いことは、想像に難くない。ゴマキが入った時のモー娘「なっちwith愉快な仲間達」は、今と比べたら、なんとなく手を左右に振り回しているだけの単なる「アイドル」だったからだ(ちなみに、僕は当時もファンだったけど)。


 今回のDVDを見て思うのは、高橋愛が元々うまかったけど、歌・ダンスともに完成度が高いということ。歌ってる時の表情の作り方にしても、かなりキている。クールな表情をしている時の高橋には、オーラを感じる。

 普段、あまりにも何を考えているのかが分からない高橋。
 ハロモニや、その他の番組などを見ていても、彼女だけは「肉声」が伝わってこない。天然的なボケをかますとかいうのではなく、恒常的に「天然」に見える。誰かの卒業の時でさえも、彼女が考えていることが全く見えない。ダンス・音楽で満たされた空洞なのかもしれない。

 ただ一度だけ、彼女の声なき「肉声」を前に見たことがある。
 うたばんにて、「エースを探せ」オーディションの最中だと、モー娘が貴さんに説明した時のことだ。
 「じゃあ、それはエースが、この中にいないってことじゃねーのかよ?」と至極真っ当なツッコミをされた時に、他のメンバーが笑っていた中、彼女だけが真剣な顔で首をコクコクと縦に振っていた。彼女だけが、ただ一人、危機的状況を真剣に受け止めているように見えた。あの表情と態度に、モー娘に対する真剣な想いと「肉声」を見た気がする。

HEYHEYHEY つんく・杉田かおる・高島彩

 HEY×3を見て思う。高島彩は、やっぱり可愛い。顔バランスがなっちに似ている。あの高くない細い鼻がいい。
 そして、杉田かおるとつんくか・・・。トークバラエティ番組として見れば面白いんだけどなぁ。求めているものが違うし・・・。

 ちゃんと、音楽番組として機能して欲しい(苦笑)。

小学校6年生

 どうしよう・・・勢いで今年のモー娘ライブのDVDも買ってしまった・・・。

 小学校6年生の方の生徒は通分が出来ない・・・。公約数が分からない、公倍数も分からない。「半分」が「二分の一」であることも分からない。3倍が「×3」であることも分からない。大変だ。そうして、様々なことが頭に入ってないから、新しいことを学んでも頭にしまいきれず、ますます分からなくなるという罠・・・。
 今度受験だけど、かなり基本的な部分まで巻き戻してから教えないと厳しいなぁ(苦笑)。円の面積も円周も無理だし(-.-;)。
 小学生段階で、こんなんじゃ、どうにもならないよなぁ。とは言え、先生達だって、そこまで目がいかないんだろうし。

水中すくーたー?

 これ欲しい。海で試してみたい。
 でも時速3.2kmって遅いな・・・。50mを56秒だろ?。バタ足でも、もっと速く泳げるしなぁ・・・。モノは試しで買ってみるには高いし(-.-;)。

大学について思うこと、メモ

 アカデミズムは誰のためのモノか、というような話を読んで。
 大学は、学歴付与期間・研究機関という、全く分離したものとしてしか認識していない僕です。大学の研究者達の書いたものは興味深く享受しますが、大学での「授業・教育」については、良い想い出が少ないです。
 もともと、大学の教員は教育者としての情熱を抱いて教員になるわけではないので、しょうがないんでしょうけどね。
 人文社会系の場合には、社会・人文についての(アカデミズムに所属しない人間にとっても)役に立つ「視点」を(面白く・わかりやすく)提供するという役割もあるはずなのですが、その役割は大学での授業に関しては全く果たせていないことが多いですよね(「研究書→新書→一般誌」という経由で果たせているわけですが)。その辺りは、もったいないなぁ、と思います。

 とは言え、「面白さ」を提供したら、そこにはまって、大学院に迂闊にも進んでしまったりして、でも、職は無い、ということで「だまされた」となる人もいるようで(大学院政策の失敗)。
 大学院には進みませんでしたが、(きっかけとしてはM台氏の授業に)うっかり乗せられて、そっち系の読書にはまった自分を振り返っても、迂闊に面白さを伝えることは危険かも、とは思った(笑)。

 とは言え、大学は、もう少し学生にとっても役に立つ存在であればいいのに、と思う(それなりの授業料をとってるわけなのだから)。
 自分の出身である法学部でも(経済学部は、ちょっと分からないけど)法律自体を題材にして「一般的な」ことをやることはできるのです。
 法学部なんて、法原理とか解釈の争いとか理論的立場をやるよりも、「行列のできる法律相談所」みたいな「こんなことすると、こういう裁判になっちゃうんだぜ」という事例をバンバン呈示してあげるとかも可能なはずなんです(法学部教授なんかは、それは法「学」ではないと言いそうですけど(-.-;))。
 下位大学に限らず上位の大学でも法学部を出ても一般のサラリーマンになる人の方が多い。でも、現状、法学部で学んだ法律論って、絶対に役立たない。会社に入って必要な法知識だって 結構あるのに、そういうのをちゃんと教えてあげていないのは やっぱり疑問だなぁ、と。

史上最大級に「モー娘。」が好きかも

 そう言えば、七夕というものがあったらしい。ここ数年、存在すら忘れているような行事だが・・・。願い事は何かと問われても、神頼みしたいようなことって、無いんだよなぁ。神頼みしたいことって何だ?、とか言われても困るのだけど。モー娘の握手会の抽選が当たりますようにとかいう願い事でもしようか(って、既に七夕過ぎてるし)。
 そもそも、握手会行く気なのか?(行きたい)。行くのか?(行きたい)。行きたいのか?(うん)。心の声が漏れている気がするが、とりあえず、ニューシングルは買ってみよう。

 なんか、今までの自分のモー娘ファン歴の中で、今が一番、モー娘を好きかもしれない。
 最初はサマーナイトタウンリリース直前のマガジングラビアで はまった(愛の種、モーニングコーヒーの時は、特にいいと思わなかった)。何にはまったって、安倍なつみの、危険な感じがするぐらいの細い肩とか鎖骨のラインとか、さわやかな感じなのに、微妙にエロい感じがする表情とかに。ちなみに、この当時のなっちと今のなっちは、全く別の生き物だ。いや、今のなっちも好きだけど、(太ったとか、そういうことではなくて)あの頃のような「危うさ」が、全く存在していない、まるでロンパールームとか「もぐたん」とかにでも出てきそうな教育番組のお姉さんのようなオーラになってしまった。
 長くなりそうだから、一度、ここで終わる。

爆殺と大義名分

 どんな大義名分があろうとも、一般民衆を殺していいはずがない。

 たとえ、それがアルカイーダであろうと、米軍であろうと。

懺悔

 3日のハロモニデート企画見て、道重さゆみって可愛いかもって初めて思ってしまいましたo(__o)。

 モー娘が握手会ですか・・・やばい、行きたい(苦笑)。

失策

 まことに、悲しきこと

 書きかけの文章が消えること
 ・・・ショックで寝ます。

オタク検定試験

 オタク検定試験(クリック)

 来月、受けてきます(嘘です)。

ミスチル「四次元」 驚きの初動

 初動売上に驚きました。
 40万枚ぐらいと予想したのですが、まさかまさかの56.9万枚・・・。
 初動50万枚越えは、SMAP「世界で一つだけの花」以来。
 久々に累積でミリオンが出るか?。

スローダンス

 月9ドラマ「スローダンス」、まあ「月9だなぁ」という感想がまず出る感じ。決して悪い出来ではない。
 が、このベビーブーム生まれ女性狙いな、かつ「仕事の自己実現」「年下男との恋愛」という、ちょっと、もうお腹一杯かなという題材が・・・(「曲がり角の彼女」も、そんなんだったしさ)。

 ストーリーは、大筋ではありきたりな感じだけど、妻夫木が感動した言葉が実は「スラムダンク」からのパクりだという話とか、ドイツ行きのチケットではなくクルージングのチケットだったとか「肩透かし」がうまくて、それなりに小技が利いている。ドラマってのは、大筋は、どうしてもありきたりなわけで、そういう「小技」が、いかに良くできているかが重要なのだから、その意味では期待は出来る。

 広末は、添え物という感じで、これから活躍するように思えないのだが・・・・かと言って、本筋の恋愛の「障害」も分かりにくいので、広末も活躍しないと盛り上がらないか?。本筋以外のサブキャラが結構活躍するのか?。
 藤木君も、仕事辞めて、映画監督を目指すとかなのか?。

 これからどう盛り上げていくのか、ちょっと楽しみではある。

貧困

 貧しい僕を救って下さい!

 ということで?、リンクしておきます(クリック)。

 新聞記事はこちら(クリック)

HEY×3とカンニング竹山

 HEY×3見て思う。
 カンニング竹山が出ているのだけど、いつもより、明らかにトーンが弱い。やはりダウンタウンに遠慮しているというか、畏まっている。ダウンタウンは、なんのかんの言っても(権力があるとかいうことではなく、いや権力もあるだろうけど)お笑い界での地位は高いということなのだろうな。
 いや、竹山は微妙に弱腰なところが、かえって面白かったけど。

早寝早起きに

 早寝早起きに生活をシフトさせねば・・・

 ふと思ったのだが、僕は、今、かなりモー娘。が好きらしい。

 って、今更、何を言っているのだ?と思われそうだが、モーニング娘全体が好きなのだ・・・早寝するから、続きは明日o(__o)。

都議選、投票日

 今日は都議選の投票日です。投票しましたか?。

 僕はしてません。何故か!?、色々理由はあります!。


 忙しいから

 バレーボールを見るから(もう見終わったけど)

 雨だし!!

 Berryzのビデオ見るし
 
 モー娘。のビデオも見るし!

 読みかけの本がある!。

 そもそも勉強も・・・


 何よりも、面倒だ!





 あ、もう一つ理由があった。


 都民じゃない!。

「book baton」と「逆流バトン」?

 回ってきた二つのbatonを書きます。

 まず、book baton。
 book batonってものまであるんですね。

とりあえず、質問はこちら。
1. 持っている本の冊数
2. いま読みかけの本
3. 最後に買った本(既読、未読にかかわらず)
4. 特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊
5.  次にまわす人5人まで


 去年の暮れとか、ちょっと前ならライトノベル強化月間だったので怪しげな「駄目人間ラインナップ」になった気がするのですが、今は教養主義的読書月間なので面白味に欠けています(苦笑)。

 これって、マンガは入るのかしら?。

☆★☆
1. 持っている本の冊数

 おおざっぱな数え方をしてみましたが・・・・法律の本・参考書、マンガを除いても、1000冊を越えそうです・・・。

 さっきちゃんと数えてみようかと思って、脳が心停止しそうになった(矛盾)。
 いつかリストを作ってみたくなる質問という意味で、悪魔的な質問だ。リスト作ったら、かなり膨大な時間を浪費しそう(でも、リストを作るのは好き)。

 ちなみにマンガは少年・少女マンガ合わせて2000冊ぐらい。つーか僕の部屋は本が全く収まりません。


 次、問いの順番を変えます。

☆★☆
3. 最後に買った本(既読、未読にかかわらず)


「カーニヴァル化する社会」

「グロテスクな教養」

「ジジェク自身によるジジェク」

「心理学化する社会―なぜ、トラウマと癒しが求められるのか」

 この四冊を同時に買ったのが最後かな、たぶん。

 マンガだと「フルーツバスケット(17巻)」(苦笑)。
 あれ?、「ネギま!(10巻)」だったかな?(それも問題ありな気が・・・)。

☆★☆
2. いま読みかけの本


 で、上記4冊を並行で読み始めて「カーニヴァル化する社会」は読み終わって、「グロテスクな教養」「心理学化する社会」が両方とも7割ぐらい読んだ。
 しかし「ジジェク自身によるジジェク」が2割。「ジジェク~」は対話だからいけるかと思ったのだけれども理解するのが難しい(>_<)。色々調べながら読んだりするため時間かかってしょうがない(-.-;)。

 つーか、これ以外にも7割ぐらい読んで、そこで止まっている本が数十冊ある(笑)。これはどうすればいいのだろうか(-.-;)。

☆★☆
 ちなみに、その4冊について。

 一般向けという意味で(一般的に「新書」とかを読むのが好きなら)、「カーニヴァル化する社会」「心理学化する社会」とも、読みやすいし、社会を読みとる一つの切り口としてお薦め。

 「教養」という言葉に、肯定的に・否定的に、拒絶であれ何であれ心がざわつく人は「グロテスクな教養」も お薦め。「教養」の話というよりも「日本社会の仕組み」みたいな話である点、社会の裏の仕組みみたいなものに興味がある人にも良いと思う。


 「ジジェク自身~」は、ちょっとコアだ。ジジェクとかラカンとかラカン的な社会分析に興味がある人にしかお勧めはしない。ただ色々と考えるところは多い。


☆★☆
4. 特別な思い入れのある本、心に残っている本5冊


 ・・・これ、難し過ぎです。5冊に入りきるものではないしなぁ・・・。


「はみだしっ子」 三原順
 大昔の少女漫画です(リアルタイムでは知らない)。タイトルが、すごく嫌いなのだけど、中で語られる「言葉」に 昔、はまった。



制服少女たちの選択 宮台 真司 (著)
 ブルセラを分析した本。
 今となっては古いものとなってしまったが、結構、衝撃的な本だった。彼の大学での授業と合わせて、社会についてちゃんと勉強をしてみたいというきっかけをくれた本。

 この本で今となっても有効なポイントは「『人として制服なんか売ってちゃ駄目だ!』という倫理的な説教は無効なんだ」ということ、かつ「無効なコもいて、そういうコ達もいることを知ろうよ」という点にある、と思う。

 宗教に(否定的な意味で)興味があったせいで終わりなき日常を生きろ―オウム完全克服マニュアルともセットではまった。言ってることの正しさは別として、現代日本社会を語る上で外せない人であることは事実。
 ちなみに、宮台入門としては、「これが答えだ!―新世紀を生きるための108問108答朝日文庫」をお薦めします。




大学で何を学ぶか 幻冬舎文庫 浅羽 通明 (著)

 大学に入る前から抱いていた(かつ入ってみても予想通りだった)大学の授業というもの一般的な馬鹿馬鹿しさを見事に代弁してくれていた本。あまりにも考えていることが似ていて、思わず笑ったぐらい(そういう意味では「得る」ところは少なかった)。
 高校生でも大学1・2年生でも、読んでみる価値がある本だと思う。
 まあ「勉強するな」という この本の忠告に全く同意したにも関わらず、あえて教養的勉強をやる気になれたのも この本のおかげな気がする(こんなマトモなことを言う人がいるなら色々と勉強してみようかと思ったとも言えるので)。



風と木の詩 竹宮恵子

 これも古い少女漫画。いや、衝撃的だった。先に読んでいたパタリロで耐性は出来ていたとは言え・・・。その「アレ」のインパクトとは別問題として、物語世界の深さに、マンガで ここまで深いものが存在しているという少女漫画に驚いた覚えがある(最近の少女漫画は深いものが減ってしまったけれども)。
 ちなみに、この漫画が好きだからと言っても、そういう趣味はありません。



ビジュアル英文解釈 伊藤 和夫 (著)
 えっと、大学受験の参考書です(笑)。
 僕の英語の基礎を作ってくれた本。とても感謝しています。塾講師として英語を教える時も、この本で培われたものが重要な役割を果たしていたので、挙げておきます。



5. 次にまわす人5人まで

 ・・・メールします。



☆★☆☆★☆☆★☆
 謎のバトンも来ました。逆流バトンとかいうやつ・・・。


■ソーシャル・ネットワーキングサイトと手元を見ずにタイピングして下さい

そーしゃる・ねっとわーきんぐさいと

 ・・・ごめん、つまらない結果だ。
 ブラインドタッチだけは得意なんだ(-.-;)。




■叶姉妹 工藤兄弟 マナカナ 池谷兄弟 おぎやはぎ チップ&デール 宗兄弟 水野美紀真紀 酒井美紀真紀 の中で区別が出来るのはどれ?

 えっと・・・・辻・加護



■小学生が高機能携帯電話を使ってるのを見てどう思いますか?

 とりあえずメアドを聞く(おい)。



■歌手のマッキーと局アナのマッキーだったらどっちがいい?

 ルービックキューブ六面完成世界記録12.11秒のマッキー(Shotaro Makisumi)、スゴイんだよ。



■「Winny自体は合法なんだよ!」と主張する人たちの何割が違法ファイルを共有していると思いますか?

 10割。他に使い道無いしなぁ(苦笑)。



■バトンを逆流させる五人
 ・・・えーっと、メールします。

ブログタイプ

 TV番組「ブログタイプ」の、菅野美穂、可愛いなぁ。
 キレちゃってるんだかなんだか不明なテンションだ・・・、つーか、こいつ飲んでるだろ?というぐらいイっちゃってるし(笑)。


 可愛いって、顔がどうのって言うんじゃないって、よく分かる(いや、菅野の顔が可愛くないと言うんじゃないんだけど)。


 「仕草」とか「喋り方」で、かなり3倍ぐらい可愛くなるよなぁ。

 逆に、なんかキモい喋り方する人って、男でも女でもいるんだけど、単に鈍感なのか、それとも、ヲタっぽい周りに合わせてるのか?。

 どういう風にしゃべるかとか、可愛らしい喋り方かキモい喋り方か、他人のを見ていないのか?。

 「グフッ、グフッ、グフッ」とかいう笑い方をするコとか、ホント、勘弁して欲しいんだよなぁ(苦笑)。

«  | topへ |  次項へ»

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。