2005-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひきこもりな生活

 堂本兄弟スペシャルを見た。深田恭子の低いテンションの天然っぷりに萌えた。キョトン顔に萌えた。キョトンは核兵器にも勝る世界を制する武器である。非キョトン三原則が無ければキョトンによって滅んでしまうかもしれません(主に僕の脳みそが)。
 どうでもいいが、深田恭子が好みを聞かれて「昔はクールな王子様が好みでした」って、東山のこと、そのまんまじゃん(苦笑)。

 テレビとかのことばかり書いているが、カテキョとハロプロ関連鑑賞とテレビ以外、何もないからしょうがない(あれ?勉強は?)。来週はハロプロのライブDVD発売だ。いよいよ、僕の
 最近、僕の周りになかなかイベントが生じないなぁ・・・いや、週末に飲んでカラオケしたわ。河村隆一の「Love is」をまた歌わされたっけ・・・いいかげん毎回歌う状況は脱したいなあ(-.-;)。発声練習にはいいんだけどさぁ。
 筋肉番付(だっけ?)に刺激されて高速腕立て伏せをやったせいで、筋肉痛だ。自分の頭弱い行動に涙が出てくる。と同時に9月に入って筋トレさぼってたなぁ、と反省。涼しくなってきたし、筋トレ再開しよう。
 って、イベント無いとか言いながら、明日は富士急だったりする☆。
スポンサーサイト

えりりんとか(題名が既に終わっているという)

 えりりんの写真集や、ハロプロ夏のライブの写真集や、Berryz工房のライブDVDとか、モー娘の夏のライブDVDとかが、いつの間にか家にあるのです。そう、いつの間にか!。神の見えざる手によるファンタスティックな奇跡!。

 それとも、誰かが勝手に家に侵入しているということでしょうか?!

 とりあえず、警察に通報した方がいいと思います!(僕の病気について)。


注)世界の常識ですが、えりりんとは、モー娘の亀井絵里です。

アキバ系とか、言葉の使い方とか?

 芸能人告白大会みたいな番組とデッドエイジという番組を見た。
 告白大会では、告白自体は、まあ、どうでも良し。「どっちに僕のメイドになってもらいたいか!」という秋葉原アンケートで、ほしのあきと若槻で、票数が互角だったのが驚きだった。秋葉原のアンケートだし、映っていた人達が、すごい痛い風貌の人ばっかりだったし、こういう人は若槻は興味ねえだろ、と思っていたのに。
 もしかすると、あれか?。若槻自体は好きじゃないけど、メイドにできるなら、あーいうタイプをメイドにして自分に従わせてみたいとか、そういうことか?。

 デッドエイジでは、キョンシーを何歳ぐらいまで知っているのかとかやっていたが、カフェと呼ぶか喫茶店と呼ぶかという質問に微妙に年齢を感じた。「カフェ行こう」とか「どっか、カフェで話でもしようか」とは言わないなぁ・・・・「スタバかどっかに行こう」とか言っている・・・。「どっか喫茶店にでも入ろう」とは言っているから、カフェって言葉は僕の使用語彙ではないのだろう。
 オールと徹夜はそもそも意味というか慣用が違う気がする(というより、番組でもそういう説明もされていた)。オールって言えば遊び・飲みだし、徹夜ってのは勉強とか仕事の時に使っている。でも遊びでも一人でネットとかしていた場合にはオールって言わないか・・・(僕の場合、それを徹夜とも言わないが)。確かに言われてみれば「今日、オールだから」って分からない人には全く分からないのだろうなぁ。省略形って、そういうものだけど、そういう点で、日本語を学んでる外国人なんかは、もっと大変なのだろうが(まあ、英語を学ぶ場合にも同じ問題が生じているのだろうけど)。話が全く明後日の方向に向いてしまったのは、どのようなカラクリなのだろうか・・・。まあいい。

パーフェクト野々村

野々村「ふしぎ発見」初パーフェクト賞の記念パーティー
 タレント、野々村真(41)がTBS系「世界・ふしぎ発見!」(土曜後9・0)でパーフェクト賞を取ったことを祝って20日、東京・内幸町の帝国ホテルで記念パーティーが開催された。
 8月6日放送分でレギュラー出演20年目にして初の全問正解のパーフェクト賞をゲット。野々村は「進化をやっと遂げたかなって。皆さんが温かく見守っていてくれたおかげです。早く2回目もとりたい」。駆け付けた黒柳徹子(72)は「番組もやさしいですね。パーフェクト出たからってパーティーをやるなんて。彼の人柄ですね」と祝福した。
(サンケイスポーツ)


 ・・・・あれだけやっていて、まだとってなかったのか!。
 無冠の帝王清原をもぶっ飛ばすサプライズ、無冠のアホ・野々村真。パーティー開いてくれちゃう周囲の生暖かい優しさが痛いよ痛いよママン。
 「進化をやっと遂げた」とか述べてます。進化!、エヴォリューション!、進化遅いよ!。
 ひとしくん人形だってスーパーひとしくんとか、スーパーひとしくん2とか、サイバイマンとかに進化するぐらいの時間が流れているんじゃないか?!。

朝早くから

 朝早くからチェッカーズをiPodで聴きながら家庭教師に移動中です。奴の部活動が昼間からあるから、授業を、こんな朝早くからやらなければいけないo(__o)。
 克哉が自分だけだと勉強をやらないから、授業を増やしてくれと、先方の父親に言われました・・・。
 いや、お父さん、確かに克哉のことをよく分かっている、が、しかし、それじゃダメなんだってば(-.-;)。
 まだ中一だし、自学自習を完全にできるとは思わないし、自分で勉強するってことが大変なのも認めるさ。でも、勉強するのが家庭教師の時だけってんじゃ、成長できない。
 もちろん、僕も、そのことは克哉に言ってるし、お父さんも克哉に言ってるのだが・・・。 
 おっと、着いてしまうので、ここまで(-.-;)。

小選挙区制

<衆院選>自民圧勝、得票率と議席数がかい離する小選挙区制
 今回の衆院選小選挙区の有効投票総数のうち自民党候補の得票の占める比率は47.8%、民主党候補は36.4%であることが毎日新聞の集計で12日、分かった。自民党は定数300の小選挙区で7割以上にあたる219議席を獲得、民主党は4分の1以下の52議席にとどまっており、得票率以上に議席数に差がつく小選挙区制度の傾向をまざまざと映し出した形だ。

 今回の選挙の小選挙区の総有効投票数は、約6806万票。自民党の得票数は全国総計で、3251万票余り。一方、民主党は2480万票余で、両党の差は約771万票だった。しかし、当選者が1人の小選挙区制度では、次点以下の候補者に投じられた票は、惜敗率として比例代表の復活当選に反映される以外は「死票」となる。当選者が2人以上の中選挙区制と比べ、得票率と獲得議席のかい離が大きくなる特徴を反映、議席数で4倍以上の差がついた。

 象徴的なのは、東京都のケース。都内25小選挙区の有効投票総数のうち自民党候補は約50%、民主党候補は約36%の得票だったが、獲得議席数は「23対1」だった。【金田健】


 現実の得票率で言えば、自民党の得票が47.8%で、民主党は36.4%だったとのことで、まあ、61.7%の議席を自民党が獲得した選挙の結果に比べれば、日本人の見識も少しはまともだったのだろうと思いたい・・・(あくまで比較の問題だが)。

志村動物園

 ビデオに録画してある志村動物園を見た。

 ナマケモノが出ていた。ナマケモノってサルっぽいけど貧歯目でアリクイとかアルマジロとかと近い動物なんだよなぁ。
 目をつぶって恍惚の表情でエサを食べていたのが可愛い。癒される(笑)。動かないのでコケが生えることがあるとか、実は泳げるとか、割と有名な情報も番組では紹介(もしかして有名じゃない?)。

 つーか、20時間寝てるとか、消化に一ヶ月かかるとか、やっぱり生命体としての完成度低いな、こいつ(笑)。ドライヤーしたら、「がーっ」って、ちょっと怒ってたのが笑える。


 チンパンジーのパン君は、人間の子供を見ているようだ。あの好奇心の示し方って、すごく人間っぽい。インコに興味津々で手を出してみて、インコにつつかれてビックリするところは、絶妙に面白かった。虫とかに対して、妙におっかなびっくりなのも、昆虫採集している人間の子供みたい。

ファンとアンチファン

 昨日のチョットした文章に検索かけてやってくる人が結構いる。

 今、若い人に大人気バンドのオレンジレンジと、昨日ポップジャムに出ていた女のコ達、ハレンチ☆パンチだ。

 ネット上で騒がれているのは知っていたが、こんなところにまで検索で来るとは・・・。
 名前の類似性からオレンジを真似したと(まあ、パクったと言いたがるわけだが)怒っているレンジファンがいて、同時に(元々)レンジに対してパクりうんぬんでやたらと批判する連中もいて、「パクりのレンジがパクられたことで怒ってるんじゃねーよ!」というような喧嘩があちこちで起きている。

 昨日の印象では、ハレンチ☆パンチは、どちらかと言えばZONEが一番似ている。歌っている時の動き方(踊り方とは言えない)はオレンジレンジとか19とかのあっち系の人達と同じ動き方をしていたが、それだけだ。

 で、僕はパクったパクられたということに興味がない。似ているかどうかを比較してみるのは好きだが、単に「似ている」であって、そこに批判の意思は無い。

 むしろ、そこで争ってる連中がバカにしか見えない(苦笑)。

 オリジナル幻想だよな。オリジナルがあるはず、オリジナルこそ偉いみたいな。B’zとかでもよくファンとアンチが争っているのを見るが。邦楽は全て洋楽のパクりだとか言い方をする人もいるし、話を広げていけば、日本文化は全て西欧文化のパクりだと言いたがる人もいる。
 何故、そんなにオリジナルがありがたいのか?、考えたことがあるのだろうか?。
 よっぽど、自分の固有性(オリジナリティ)に自信が無いんだろうなぁ、とは感じる。そのせいで、やたらと「オリジナリティ」「個性」一般とかにすごくこだわるという。


 あ、ついでに言えば、オレンジレンジも別に好きじゃない。レンジ擁護を特別にする意思もない。嫌いってこともないが、「どこがイイのか、いまいち分からない」というのが正直な感想だ。僕は、割と声で選ぶので、彼らの声が割とありふれたものであるせいだと思う。

 ただアンチってのが気持ち悪い。やたらとファンサイトとか、ファンの掲示板とかに悪口を書きまくる連中。よっぽどストレスが溜まっているのか?(苦笑)。

 個人的には、音楽に好き嫌いはあっても、上下は無いと思っているので(技術的な上下はある)、優劣をやたらと語る連中も嫌いだ(-.-;)。
 続きは後ほど・・・(本当か?)。

ハレンチ☆パンチ

 NHKポップジャムにハレンチ☆パンチとかいうコ達が出ていた・・・。ガールズバンド・・・もどき。
 曲調・歌詞の世界はZONE、動きはオレンジレンジ系、トークは・・・意味不明(ある意味、モー娘系統か?)。謎なコ達だ。とりあえずウザい(笑)。が、それなりに可愛いから許す(笑)。

うたばん9月8日

 唐突にうたばん感想。BoAは、帽子をかぶっていると好きかも。僕は、やっぱり髪型ロングが好きじゃないんだろうなぁ。


 波田陽区は、Tシャツとシャツ・ジーンズの格好だと、安田大サーカスの団長みたいだ。普通の歌(たぶん意識しているのは、初期ミスチル)を歌っていたけど、普通にうまいイイ声だった。
 何故、加藤あいに向けて歌う歌なのかは分からないが(苦笑)。

 加藤あいと言えば、昨年ぐらいから、やっと復帰したねぇ。(色々噂はあったが)何があったのかは知らないけど、若い頃、あの世代では期待されていただけに、今頃であっても、復帰してくるのは嬉しい。池袋ウエストゲートパークの時の加藤あいが可愛い。綺麗なイメージが強いだけに、あの時の加藤あいは最高。髪型も(髪型に騙されすぎなのか?)。


 CMでTourbillonというバンドが・・・つーか、河村隆一じゃん!。え?、エイベックスに移籍したの?。とりあえず調べてみたら、他のメンバーは二人。

・ルナシーのINORAN
・葉山拓亮(作曲・編曲で有名。hiro「treasure」「Your innocence」「Confession」、W-inds「Forever Memories」「Feel The Fate」「Paradox」「try your emotion」「NEW PARADISE」、今井絵理子「identity」、安室奈美恵「I WILL」、EARTH「Is this love」などなど)

 流れていた曲は葉山ってよりも、河村ソロの時みたいな感じだったなぁ。 

 NANAの宣伝に中島美嘉が来ていました。出し惜しみということでMステでしか歌わないという風にMステの時に聞いていたのだが、なんだようたばんにも出てるじゃん
 ・・・・・・・・と思ったら、本当に歌わなかった(苦笑)。宣伝だけtとは・・・。
 個人的には、この歌「GLAMOROUS SKY」は、作曲担当したHYDEバージョンで聴きたい。
 ついでに言えば、レイラ役の伊藤由奈の曲「ENDLESS STORY」の方が好き(HYDE様ごめんなさい。いや、HYDE様バージョンを聴けばもっと好きになるかも)。
 itunesのオンラインショップで買えるかと思ったら、ソニーは まだ買えないのかよ(苦笑)。

てれびどらま感想???

 どうしようかな、今日食べたものは何かとか書くか?。いや、それは、さすがに・・・。
 読書をやめたら、思考すらやめてしまうというのは、やっかいな性質だな。勉強も一応やってるのだけれども・・・。

 総選挙について僕が考えることを書こうかと思っても、政治関係の話は、ちょっとの思いつき程度で書くと色々なつっこみが来るからひょいひょいと書くわけにいかない。とは言え、そういう一番書くと批判が来そうなポイントである憲法改正・防衛の点とかではないところで書こうかなと思ってるが、途中まで書いて、微妙・・・とか思って消してしまった。

 今クールのドラマは「電車男」「スローダンス」「女王の教室」「ドラゴン桜」「幸せになりたい」「がんばっていきまっしょい」を見ていて、「海猿」「今会いに行きます」が録画だけしてあって、まだ見ていないという状況。
 お前は、一体、どれだけドラマ見てるんだ?と突っ込まれそうだが、HDDビデオになってから、ついつい第1話だけでも録画するか、という勢いで、そのまま全話を録画してしまっているのだ。テクノロジーの進歩は恐ろしい(苦笑)。
 今回、「このドラマがいい!」って感じのものが無いのだけれども、成績が良いコを優遇し悪い子を雑用係にするなど鬼教師の奇行が話題となっている「女王の教室」は色々と考えるのには悪くないのではないか。あれを題材に会話したりblogのネタにするのに向いている。テレビ局の掲示板に大量のアクセス・書き込みがあるというのも納得だ。機会があれば、ドラマとついでに掲示板を見てみて欲しい。

 もう一度、整理して、各ドラマについての感想でも書くか・・・。

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。