2006-03

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC 日本が韓国に勝ちました。


 日本、韓国に勝ちました。昼からテレビにかじりついて見ていたわけです。イチローが二打席連続でヒット&盗塁と絶好調も、得点に結びつかず。多村の大飛球も届かず。七回の福留のホームランが出た時、やったぁぁぁぁぁ!と叫びました。
 二次リーグまでの結果を考えれば、韓国に2点ぐらいのアドバンテージをあげてから試合をするべきなんじゃないかとも思いましたが、まあ、6点とったから良しとしましょう。1勝2敗だった日本が決勝に行けるって、韓国、ちょっと可哀想ですけど、それがトーナメント。


 今回のWBCで分かったこと。
 キューバなどがいる二次リーグBグループもいきなり4チームが一勝一敗になったように、思っていた以上に野球は上位国間にレベル差がないってこと。
 アメリカと日本も、そして、日本と韓国も。

 イチローの、どこまで本心なのか分からない「鼓舞するためのセリフ」はともかくとして、アジアで勝つのが当然のチームと言えるほど日本はアジアでリードしていないんだぞ、ということは肝に銘じるべきでしょう。
 ネット上では、相変わらずの人種差別的な意味の分からない韓国批判やら、野球とは全然関係ないお国柄批判やら、それを野球に結びつける分析やら、今回勝ったことでの「ざまあみろ」っぽい言説やらが見えたりで、お寒い限りですが、日本が「2敗」したということを冷静に見つめるべきだと思います。


 今日の試合は、横浜ベイスターズが誇る多村に微妙に注目の集まる試合であった。
 ホームラン性の大飛球。そして、次の回のフェンス激突しながらのファインプレー。そして、バント失敗(苦笑)。その次の打席のホームラン。なんか無理矢理バントやらされて可哀想だっただけに、最後のホームランは良かった(^^;)。
 シーズン中も、今年こそ何かタイトルをとれ、多村。昨年は、絶好調からいきなり事故で、横浜ファンは思いっきりずっこけたわけですが、今年こそは事故るな(苦笑)。


 さて、以下は、ネット上で見かけたWBC関連ニュースで、気になったものの部分引用。暇な方はクリックして本文全体も読んでみてください(多分、まだ読めるものばかりのはず)。

 スポーツは見るのも好きですが、見たものについて、色々と語られているものを読むのも面白いのです。


====================================
王確約、韓国戦必勝「最高のパフォーマンス見せる」
 王監督は「メキシコに敬意を表したい。それは今、われわれがここにこれたからというのではない。準決勝進出のチャンスが絶たれていたにもかかわらず、米国とあのようなすばらしい戦いをしたからだ」と、奇跡の準決勝進出を胸に刻み込んだ。


 モチベーションの無いメキシコが、勝つとは思えなかっただけに、驚きでした。メキシコは、もうバカンスで前日はディズニーランドに行っていたとのことですし(苦笑)。


====================================
韓国躍進の3つの理由

 そんな韓国がなぜほかのチームを上回ったのか?
 まず、パク・チャンホやイ・スンヨプといった、海外で活躍する実力者がみな参加したことが大きい。他国では所属チームを優先し出場を辞退した選手もいるが、・・・

==================
“札幌の悪夢”を振り払うために
 では、スタープレーヤーたちが、なぜ個々の役割を発揮できたのか?
 それには、アジアラウンド初戦、台湾戦での勝利に大きな意味があった。2003年11月、アテネ五輪行きのキップをかけた、札幌でのアジア選手権。「アジア2枠には残るだろう」と臨むも、状態が万全ではない選手が軒並み参加を辞退。シーズンオフを満喫し、酒とバカンスの日々を過ごしていた選手にも召集がかかり、準備不足を露呈。結果、格下とみていた台湾、そして日本に破れアテネ行きは夢と消えた。これは、イ・ジョンボムをはじめ、各選手が“札幌の悪夢”と呼ぶほど、屈辱的な結果だった。この悔しさをバネに、WBCでは台湾に勝つことを第一目標にして、早い段階から戦力分析に着手。その台湾戦が1次リーグ初戦ということで、チーム全体が欲をかかず「まず台湾に勝とう」を合言葉に臨んできた。各選手の台湾戦への入れ込みぶりは相当のもので、名だたる代表メンバーが緊張しているのが、手に取るように分かった。

==================
 それを象徴していたのが、2-0のリードで迎えた6回表の攻撃。この回の先頭打者、4番キム・ドンジュの当たりはサードゴロ。普段は見られないような全力疾走で、一塁ベースへ倒れこむようにヘッドスライディング。そう無理すべきケースではなかったが、「台湾に勝とう」という思いがあふれ過ぎたプレーだった。キム・ドンジュは左肩を脱臼、そして骨折と今季のプレーも微妙な状態だが、それほど台湾戦には並々ならぬ思いがあった。



 韓国で野球人気が下がる原因にもなったと言われている「札幌の悪夢」だそうですが、それだけに、団結力も高まっていたということみたいです。


====================================
日本が韓国に負けた理由 ~日本-韓国戦リポート

 韓国のほうは、8回裏1アウトからの四球。簡単に打ち取りたかったはずのラストバッターに、1ストライクからボールを3つ続けて、結果的にフォアボールにしてしまった。
 緊迫した投手戦では、失投によるホームラン、エラー、四球が勝敗の分かれ目になる。あそこで記録にはならないが、3つ、守備の乱れが出た。
 まず、9番のキム・ミンジュを歩かせてしまったところで、バッテリーか内野のだれかが声をかけてタイムを取るべきだった。
 杉内、予定外の四球を出したことで投げ急いだように思う。韓国チーム、ほとんどの打者が、ストライク・ゾーンに入ってくるストレート系の球を早いカウントから打ってきていた。四球のあとの初球を狙われるのは日本でもよくあること。

==================
 審判に抗議しているうちに、バッターランナーまでセカンドにやってしまったのがもっと痛かった。1死一・三塁なら、ダブルプレーを狙って内野ゴロを打たせるという手もあるが、二・三塁ではだめになる。


==================
 王監督の敗戦の弁
 「今回の日本も出場できる状態の選手のなかでベストメンバーを選んで臨んだわけです。しかし、結果としては負けてしまった。韓国との2試合で、日本が取ったのが2点、韓国が5点。守備においても、打撃においても、及ばなかった理由がある。たとえば、打撃でいえば、日本は、クリーンアップがHRを打てなかった。日本の打線が破壊力を出せなかったのはなぜなのかということを、きっちり理由を考えて、改善しないといけないし。そうしていくことが全体のレベルの底上げにもつながるでしょう。将来的な課題は、むしろ、負けることによってはっきりしたと思います


==================
 韓国のキム・インシク監督とイ・ジョンボム選手にも聞いてみた。
 ――日本に連勝したということは、韓国のプロ野球のレベルが日本を上回ったということになるのでしょうか? また、勝つことができた理由は?
 「たしかに、今回は3試合ずつの短期決戦のトーナメント方式だったから、日本に勝つことができましたが、まだ韓国野球が日本を上回ったなどということはできません。日本は、今回のメンバーと同等のチームをたぶん3、4チーム作れるくらい、選手層が厚いでしょう。韓国ではあと1チーム作れるかどうか。まだまだ韓国の野球界は日本やアメリカから学ばなければならない。私は、若い選手たちに日本やメジャーリーグに行って向こうの野球を吸収してきなさい、それを韓国に持ち帰ってまた韓国の野球のレベルを上げてくれといつも言っています。そういう選手たちが増えてくれば、こういうトーナメント方式でなくても日本とも対等に戦える日がくるでしょう」

==================
 監督の言葉にうなずきながら聞いていたイ・ジョンボム選手。
 「これまで日本のピッチャーの変化球主体の配球を打つことができなかったのが、この大会では、どんな配球をしてくるか、推測することができました。野球選手として夢だったアメリカでプレーすることができ、また、ベスト4に残ることもでき、チームメートとともに国の名誉のために勝つことができたことを誇りに思います」


==================
 アテネ五輪出場を逃して球団経営が成り立たなくなるまで人気が低迷してしまった韓国球界も、アジアラウンド、セカンドラウンド通じて負け無しの6連勝、アメリカに完勝、日本にも連勝という大躍進で、息を吹き返すことになるだろう。
 日本にはそれができなかった。8回まで「0―0」の緊迫した投手戦だったから、どちらに転ぶかわからないゲームだった。ゲームとしては素晴らしいゲームだった。
 しかし、日本が負けたことで涙も出なければ、ショックもない。
 日本プロ野球機構や選手会や球界関係者が、韓国チームのように、一枚岩となって「王ジャパン」を勝たせるために全力を尽くしたのかどうか。
 今回の韓国チームの団結力の強さを見ていると、WBCを人気復活の切り札にすることができなかった日本野球の一抹の寂しさを感じてしまうのだ。



 王監督の冷静な弁が頼もしいです。選手層全体のレベルでは、日本の方が上というのは、その通りなのでしょう。それは、日本よりもメジャー全体の選手層レベルの方が上ということでもあると思いますが。

====================================
【WBC】2次敗退、大国アメリカの失墜

 敗れ去る事実を実感するのに、しばしの時間が必要だった。勝利に沸くメキシコナインを、A・ロッドをはじめ米国ナインは、ベンチ最前列で身動きもせずに見届けた。開催国で本命の米国がよもやの2次リーグ敗退。「そういうこともあり得るよ。タイブレーク? でも2回負けたわけだし、確かに残念だけど楽しかったよ」。リーダー格のジーターは、試合後、努めてサバサバと敗戦を振り返るしかなかった。

==================
「全員がプロとして必死にプレーし、準備した。中にはまじめにプレーしていないという声もあったが、そんなことはない。(ガッカリしている)今のクラブハウスを見てほしいよ」。マルティネス監督の言葉は、ナインの気持ちそのものだった。

==================
試合前、マルティネス監督は、いつも以上に熱く語っていた。「これまでは我々が教える立場だったが、今は日本や韓国から学ぶべきことが多い時代になった」。アジア諸国の練習量、方法を具体例として挙げ「かつては我々もそうだった。質の高い投手を中心とした守りの野球が、本来の姿。1960年代は米国でもそうだった。今は球場もストライクゾーンも狭くなり、本塁打が増えてしまったが、本来の野球はそうではない。実際、(スモール野球の)ホワイトソックスやエンゼルスがワールドシリーズで勝ったじゃないか」。日本や韓国のスタイルは、昨今の米国が忘れかけていた野球の本質。パワー重視の米国野球に警鐘を鳴らし、スピードと基本の重要性を知らしめる結果となった。


==================
「対戦したことのない選手とプレーできたことは大きかった。すごく楽しかったし、今回参加しなかった選手にも、ぜひ(出場を)勧めたい」。敗れたとはいえ、ジーターの言葉は、大会の行く末をも、示しているようだった。



 メジャーリーグの全体が盛り上がっていたわけではないと思うのですが、今回負けたからこそ、ちゃんとアメリカも取り組んで欲しいな、と思います。アメリカで野球の人気が下がってしまっては、世界全体での野球人気だって下がってしまいますから。やっぱりメジャーリーグには強い存在であって欲しいです。


====================================
王ジャパンに神風吹いた!

 宿舎に戻った午後9時には選手を招集し、緊急ミーティングを開いた。
 「みんなが頑張った結果、こうなった。もっと失点していればチャンスはなかった。胸を張っていこうじゃないか
 米国の自滅も王監督は苦しい戦いの中で力を絞り出した結果だと選手をたたえた。誤審にも切れることがなく九回二死まで試合をもつれさせた米国戦。1失点に抑えたメキシコ戦。この2戦の結晶が、0.01という米国との失点率の差につながった。



 王監督、やっぱりイイ人です。そう。ピッチャーは頑張っていた。今回、2次リーグでの負けは、バッターの責任でしょう。今回の試合で鬱憤を晴らすように打ってくれて気持ちよかったです。
スポンサーサイト

日韓戦 WBC(野球)

 うむ。いい試合だ。
 多村の当たりはホームランかと思ったが駄目だった。この球場、デカ過ぎ。その後の多村のファインプレー
 イチローは、3番打者。セリーグ200本安打の青木がやっとスタメン出場。もったいないなぁ、と思っていたのだ。青木は一番。

 イチローは1度目も2度目もヒットで出塁、そして、両方とも盗塁を成功させていて、絶好調。しかし、なかなか点が取れない。


 頑張れ、日本。

追記:
 福留のホームランで先取点。その後も、打線が繋がり、5点を奪った!。これで5-0。イチローは3安打目で打点1。

追記:
 七回裏の上原、絶好調。そして、三振を三つ。
 八回、多村がホームラン!。さっき、なんか無理矢理バントやらされて可哀想だっただけに、良かった。

 シーズン中も、今年こそ、三冠王をとれ、多村。今年は事故るな(苦笑)。

追記: 15:53
勝ったよ!
多村に注目の集まる試合であった。大飛球、ファインプレー、バント失敗、ホームランと。
おめでとう!



 そして、雨で中断(14:29)。

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。