2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミラクルダイエット・目玉くりぬき【ニュースぴっくあっぷ】

 コメントは機会があれば。適当に関心を持ったニュースをピックアップ。以下、青字・緑字は引用(太字は僕個人の強調による)。

味覚を麻痺させて・・・? ミラクルダイエット
 甘~いデザートが食べたいけれど、ダイエットもしなくちゃ。そもそも冬は太ってしまうのが世の女性の常。冬の間は着込んでいるから体重の増加は周囲にバレにくいものの、春になったら途端に薄着。今から対策立てなくちゃ! そうは言われても、食べたい・・・。

 そんな無類の甘いもの好きの女性たちに朗報です! スイーツメニューがすべて100kcalで作られているカフェがあるんです。もちろん甘くありませんけど。・・・え? それじゃあ意味ないじゃん?

 そこは、池袋にある室内型テーマパーク「ナムコ・ナンジャタウン」内に新設された「ミラクルフルーツカフェ」。こちらではすべてのスイーツメニューの糖分を控えめにしているという。ヨーグルトやアイス、寒天にいたっては砂糖をまったく使っていないのだそう。普通に食べたら、どう考えてもマズそう・・・。

でもこちらのカフェは、一風変わっていて、スイーツを食べる前に、「ミラクルフルーツ」を食べるのです。「ミラクルフルーツ」というのは、酸味を甘みに変えてくれる、まさに魔法のフルーツ。このミラクルフルーツを食べてから、甘くないスイーツを食べれば、たちまち甘いスイーツに大変身ってわけです。

 けど、本当に甘くて美味しいの~? というわけでナムコ・ナンジャタウンの植木さんに聞いてみました。
 「本当です(笑)。ミラクルフルーツを食べれば、レモンがミカン、レモン果汁100%のジュースがハチミツレモンになるんです! レアチーズケーキは、ケーキなのにほとんど砂糖を使っていないのですが、本当に甘くて美味しいですよ」

 メニューはケーキ、パフェ、シャーベット、スムージーやフラッペなど普通のカフェとなんら変わらない。ちなみにミラクルフルーツの威力を存分に味わいたい人は「ミラクルフルーツ実験セット」(750円)を頼むべし。フラスコにお酢や青汁、梅干などとにかく酸っぱいものが入っている。ちょっと恐ろしいメンツではあるが、ミラクルフルーツを食べた後なら、お酢だってぐびぐび飲めちゃうんだそう。体にいいけど酸っぱい食べ物も、ミラクルフルーツを食べればなんの苦労もなく摂取できる。恐るべし、ミラクルフルーツよ・・・。

 ナンジャタウンで遊んだ帰りにでも、訪れてみてはいかが? ただし、いくら糖分控えめだからって食べすぎには注意ですよ!(笑)(平田桃子/verb)2005年12月09日00時11分


 一度試してみたい。

================
「目玉くり抜き刑」の判決=サウジは執行停止を・人権団体
  【ニューヨーク10日】「目には目を」の復讐の掟どおり、サウジアラビアの裁判所が、他人を失明させた罪に問われたインド人出稼ぎ労働者に「目玉くり抜き刑」を言い渡した。国際人権監視団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」(HRW)はこの残虐な刑の執行を中止できるのはアブドラ国王(写真)だけであるとして、寛大な措置を取るよう呼びかけている。
 刑を言い渡されているのは、1995年にサウジに出稼ぎに来たインド人男性。2003年、ガソリン・スタンドで働いていた際にサウジ人男性の客と支払いをめぐって喧嘩となり、客はこのときのけがが元で失明したという。インド人男性は失明させたことを否認し、暴力も自分の身が危険にさらされたための正当防衛だったと主張したが、裁判所は耳を貸さなかった。被害者のサウジ人は損害賠償金の支払いによる和解も拒んでおり、このままではインド人男性は目をくり抜かれてしまう。
 ただ、サウジ王家には慈悲のしるしとしてラマダン(断食月)の期間中、刑の執行停止を命じる権限があり、HRWは行動を起こすようアブドラ国王に要請した。
 サウジは1997年に拷問禁止の条約に加盟しているが、HRWによれば、サウジの裁判所は過去1年間で3件の「目玉くり抜き刑」を出している。また、サウジの法律は手足の切断やムチ打ちの刑も認めている。〔AFP=時事〕

 こわっ。本当にまだ残ってるのか・・・。
スポンサーサイト

コメント

サウジのケースは、イスラム法(シャーリア)に記された刑罰の一部の前近代性・残酷性ということよりも、その司法過程を問題にするべきこと。

これ、相手がインドからの出稼ぎ労働者だよね?

産油国、中でもサウジアラビアは、実は世界でももっともレイシズムが厳しい国といわれています。サウジアラビア国民というのは、働かないで高給を取るような仕事を独占していて、パキスタン人を筆頭にした南アジア系の人たちや、ムスリムを中心としたアフリカ系の人たちが、出稼ぎ者としてサービス職・現業職でサウジ人の生活を支えています。
で、パキスタン人に聞くと、とにかくサウジでは人間扱いされないらしい・・・件のガソリンスタンドなんかだと、サウジ人は小銭を地面にばら撒いて払い、決して出稼ぎ者に触れようともしないんだって。
「神の前の平等」を旗印にした同じムスリムなのにね。

この辺が、中東でのイスラム原理主義の温床の一つになっているというのは、よく言われるところ。
アルカイダとか、イスラエル以上にサウジを攻撃するでしょう? アメリカの傀儡たるサウジ王家が腐敗し、オイルダラーで金持ちになった国民は反イスラム的になって堕落している。彼らの手から聖地メッカを取り戻さなければならぬ・・・とね。

そう。読んでる時に気になったのは、「出稼ぎインド人」で、「暴力も自分の身が危険にさらされたための正当防衛だったと主張したが、裁判所は耳を貸さなかった」というところも。でも、そっちに関しては一般的には印象が薄いだろうな、と思ってね(どうにも真偽を調べようがないし)。

結婚してサウジアラビアに行った知人が、言っていた。サウジは差別が酷いって。人間扱いされてない気がするって。
その時、僕は、「宗教」のせいかと思ったの。非イスラム教徒に対する差別。
でも、イスラム教徒であるパキスタン人やアフリカ系ムスリムに対する差別も酷いってことだよね?。
そうか、知らなかった。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egg.blog1.fc2.com/tb.php/177-ef788377

ミラクルフルーツ

最近なんかでも紹介されてるからご存知の方もいらっしゃるでしょうが、最初に食べることで、酸っぱいものを甘い味覚に変えちゃうフルーツで、レモンの丸かじりもそれからレモン生絞り100%でも甘くしちゃうのでバクバク食べれちゃうの。参考画像画像はルーちゃんが注...

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。