2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西遊記が鳥取で撮影できず・子供日記【ニュースぴっくあっぷ】

「西遊記」視聴率、フジ史上4位発進
 9日にスタートしたフジテレビの連続ドラマ「西遊記」(月曜後9・00)の初回平均視聴率が29・2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録したことが10日、分かった。連ドラの初回視聴率としては、同局史上4位となる好発進。ベスト3は01年「HERO」(33・4%)、97年「Love Generation」(31・3%)、96年「ロングバケーション」(30・6%)といずれも木村拓哉(33)主演の作品となっている。瞬間最高視聴率は午後10時すぎの33・9%だった。

 孫悟空役で主演の香取慎吾(28)は「太りました。その3キロを減らすために、より激しいアクションに挑戦し、より新しいチャレンジをしていきたい。新しいチャレンジは作り手がいて、見る側がいて初めて成立するもの。みんなありがとう!I LOVE ウッキー!」とハイテンション。鈴木吉弘プロデューサーは「結果をありがたく受け止め、期待に応えられるよう頑張っていきます」と語った。
 「西遊記」は韓国、シンガポールなど4つの国と地域での同時期放送が確定していたが、さらに中国、マレーシア、タイでも予定。さらにイギリスでの放送も検討されている。(スポーツニッポン) - 1月11日6時5分更新


 西遊記、録画したけど、まだ見てません。
 何故、そんな視聴率が高いのか、謎過ぎます。二週目で、ガクっと下がりそうな・・・(勝手な予想ですが)。
============================
 西遊記つながりで、以下の記事。

鳥取砂丘:ロケに法の“壁" 環境省、カメラ三脚など「工作物設置は違法」 /鳥取

 ◇カメラ三脚、折りたたみいす
 映画撮影のロケ支援などを通じて、県内の魅力発信を図るNPO法人「とっとりフィルムコミッション(FC)」(清水増夫理事長)が目玉と期待する鳥取砂丘でのロケが、実現できない状態に陥っている。山陰海岸国立公園の特別保護地区に指定されているため、環境省の許可手続きが煩雑で時間がかかるのが理由。来年1月に設立1周年を迎える同FCは「こんな状態では誰も鳥取砂丘でロケをしようとは思わなくなる」と困惑している。【田辺佑介】
 ◇ロケ支援のNPO法人「柔軟な対応を」
 県は02年、仮設テントなどの仮工作物の設置もできなかった鳥取砂丘の「馬の背」周辺で、ロケやイベントができるよう環境省に要請。環境省は04年4月、県などが主催・後援する場合は仮設の工作物を設置できる特例措置を特別保護地区では初めて認めた。
 同FCは撮影での特例措置の第一弾として、SMAPの香取慎吾さん主演のドラマ「西遊記」の鳥取砂丘ロケを計画し、環境省浦富自然保護官事務所に「工作物の新築許可申請書」を提出。手続き開始から1カ月以上たって許可が下りたが、すでに海外の別の場所で撮影が行われてしまった。
 これに先立ち、今年8月に支援したテレビドラマのロケでは、同事務所が「特別保護地区に、カメラの三脚や折りたたみのパイプいすなどを置いたのは『工作物の新築』にあたり、自然公園法に違反する」と指摘され、清水理事長が始末書を書いた。
 環境省国立公園課では、「『工作物』とは、人為的に築造され土地に定着するもの。カメラの三脚やパイプいすなどは、担当事務所が『工作物』に当たらないと判断すれば許可は必要ない」とするが、近畿地方環境事務所は「今回のロケで砂丘に影響はないかもしれないが、一つ認めるとなし崩しに広がってしまう」と話す。
 「西遊記」ロケで申請された「工作物の新築」は、約131ヘクタールの特別保護地区に対しカメラの三脚、折りたたみイス、撮影機材など計約5平方メートル。清水理事長は「クレーンやレールを使うなら許可手続きの必要性も理解できるが、みんな手で持ち運びができ、自然や景観を損なうものではない。撮影方法などについては事前に環境省にも説明しており、許可手続きをしないで済むよう柔軟に判断してほしい」としている。
12月8日朝刊(毎日新聞) - 12月8日17時16分更新

 地方活性化のための策も、色々と障壁があってうまくいかないようです。
 かと言って、経済最優先で環境破壊されても困るので、難しいものだ。

===========================
母子二役日記 (2005年12月4日)
東京大学教授の汐見稔幸が提唱しているプログラム。子育てに悩んでいる母親が、自分の子供の立場に立って、その行動を解釈して日記にまとめる育児法。子供の立場に立つことで、親としての自分の立場とは別の解釈を得られ、それまでとは違った子育てができるという。「困ったと感じたことをメモにする」「エピソードに自分の立場や気持ちを書き加える」「さらに子供の気持ちで解釈をつける」ことに重点を置いて、ノートやパソコンに日記を書く。たとえば、せっかくたたんだ洗濯物を子供が散らかしたとする。親の立場ではいやなことだと思いがちだが、そこをあえて子供の立場に立って「洗濯物のお日様のにおいがママに抱っこされているみたいで気持ちがいいので、洗濯物にくるまっていた」、あるいは「お母さんが洗濯物をたたんでいるのを見て、手伝ってあげたいと思うのだけど、どうしてもうまくいかない」と書いてみる。そうすることで子供の考え方もわかり、育児法も変わってくるという。


 解釈傾向が、「子供=天使」になっていて、かえって育児方法を間違えそうですが、誰かの立場を想像して日記を書いてみるってのは、手法としては悪くない気がします。
 まあ、分析力が低いと、間違った方向にばかり想像力が進むので、ケースバイケースですが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egg.blog1.fc2.com/tb.php/178-292f60da

西遊記フジ史上4位発進!初回平均視聴率が29.2%

「西遊記フジ史上4位発進!初回平均視聴率が29.2%」に関連するブログ記事から...

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。