2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動で脳の持久力が?電車にぶら下がる女子高校生 ニュースぴっくあっぷ

 ちゃんとしたコメントは機会があれば。適当に関心を持ったニュースをピックアップ。結構、古いニュースも混ざってますので、その辺は御注意を。
 以下、青字・緑字は引用(太字は僕個人の強調による)。
=====================
客ぶら下げたまま1キロ走行 北海道のワンマン列車

 北海道北見市のワンマン列車ふるさと銀河線で、高校生とみられる女性客がドア外側の取っ手につかまったままの状態で列車が約1キロ走行していたことが17日までに分かった。列車は時速約50キロだったが、女性やほかの乗客にけがはなかった。

 運営する北海道ちほく高原鉄道(北見市)によると、女性は15日午後5時45分ごろ、同市内の北光社(ほっこうしゃ)駅ホームに立っていた。ほかの客が降りた後も列車後部ドア付近にいたため、運転士は乗らないと判断して発車。途中で後部を確認したところ、女性が外側からドアの取っ手にしがみついているのを見つけ、非常ブレーキで停止、後部ドアを開けて女性を乗せたという。
 女性は次の駅で降り「(ボタンを押したが)ドアが開かなかったから」と話していたという。ドアは通常、乗客がボタンを押して開け閉めしているが、運転席にあるスイッチで後部ドアは開かない状態になっていたという。同社で詳しい原因を調べている。(共同)(02/17 10:28)



 インディジョーンズもまた映画をやるということですから、その予行練習だと思います。
 この季節に雪国北海道で電車の外側に女子高校生が捕まっているという、一体どんな鬼罰ゲームプレイなんだ?というシュールなシチュエーションに、トリノオリンピックはメダルを贈るべきだと思います。

======================
運動で脳も“持久力"向上?乳酸代用で糖を節約

 激しい運動をすると、脳内の糖消費が増加すると考えられていたが、実は逆に減少することが、東北大学とトゥルク大(フィンランド)の研究でわかった。
 体温や呼吸など様々な機能を維持するために脳の働きは活発になるが、糖に代わり、乳酸をエネルギー源として活用するらしい。
 研究者らは「運動をすると、脳が糖の節約方法を覚え、長時間働き続ける“持久力”が増すのではないか」と推測、英生理学誌8月号に発表する。

 東北大高等教育開発推進センターの藤本敏彦講師らが、健康な男性14人に約1時間、自転車をこいでもらい、終了後、陽電子放射断層撮影(PET)装置で脳内の糖の消費量を測定した。〈1〉軽い〈2〉中程度〈3〉激しい――の3種類のこぎ方を、別々の日に実験した。
 その結果、糖の消費量は運動が激しいほど少なく、「激しい」時は「軽い」時より32%も低かった。また、運動習慣のある7人の糖消費量は、習慣のない7人の約半分に過ぎなかった。
 脳内の血糖が不足すると、思考能力が鈍り、体温調節など身体機能の低下にもつながる。別の研究で最近、乳酸も脳のエネルギー源となることが分かっており、藤本講師は「運動は、糖の節約と乳酸の利用によって、筋肉だけでなく脳の持久力も鍛えている」と話している。(読売新聞) - 8月19日9時24分更新



 結局、運動した方がいいの?悪いの?。まあ、適度に運動することは、身体にはいいし、血行も良くなるし、身体を動かすために脳も動くので、悪いってことは無いのだろうけどさ。例えばデスクワークとか勉強のために頭を使う場合の持久力とは関係が無いのか?。
 とりあえず、電車に捕まった女子高校生は脳の持久力を鍛えようとしていたことが確定しました(してません)。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egg.blog1.fc2.com/tb.php/229-9a687db3

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。