2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成果と態度と

 冬季五輪も終わりました。
 今回、報道とかで五輪で日本が不調だった時に「選手村の宿舎の部屋が散らかってる」だとか、そういうことを、成果が出なかったことと結びつける声が一部で聞こえたりした。
 それは、どうなんだ?。
 生活が、部屋がきちっとしていれば、実績もちゃんと出るはずだみたいなことを言いたいみたいだけど、そんなことないだろうが。
 もちろん、生活態度と練習態度が密接に繋がる人だって世の中にはいるだろう。性格がきっちりしていて、完璧主義で、それが練習にも現われるという人。
 でも、逆に生活態度と練習とが全く分離することだって同様にあるのだ。今回、その部屋の使い方が悪かった選手達が金メダルでもとったら、おそらく、こんなことは言われないだろう。また、部屋が散らかっていたことを指摘されても「オンとオフの切り替えがあるから、競技や練習での素晴らしい集中力を生んでいるのでしょう」「現代っコらしい精神が、本番でも通常通りの演技を生むのでしょう」みたいなことを言われるのだ。そんな因果関係は、個人ごと、個性ごとに違うのだ。


 そもそもオリンピックに選ばれるぐらいの選手なのだ。その辺の一般人よりも熱心に練習しているのは当然だろう。そういう連中だって部屋が汚いこともあるし、部屋が綺麗なヤツもいるだろう。そこから分かるのは、生活態度とは、むしろ無関係だってことだろ。部屋が綺麗なお前はオリンピックに出られるのか?、と。
 で、部屋が綺麗に使えなかった連中が成果を出せなかったことと、部屋が散らかっていたこととを結びつける人の分析力って何?。


 「スポーツマンとして、成績とは関係なく、生活態度もちゃんとしていなければいけない」「部屋が散らかっていたことで日本人として恥ずかしい」とか主張する方が、僕は賛同はしないけど、その人の言ってることは「その人にとっては正しい」ということは認められる(その人が恥ずかしいと思っていることは事実なんだろうから)。
 もしくは「部屋は綺麗に使って欲しいですね」と個人的な「嗜好」「趣味」を告白するのも構わないさ。
 自分の気に入らない人格態度の人間を、まあ、気に入らないって非難するのは、まあ、しょうがないとは思うが、それを意味不明の因果関係で成績と結びつけて責任を負わせるのはどうかと思う。

 別に選手がどんな態度であろうと構わないと言っているわけではない。ただ「結果」「実績」を道徳的に分析する人がいて、それを「その通りだ」と溜飲が下がった思いで受け取る人達が多くいるとしたら、それは分析力の低さの露呈なわけで、日本のスポーツも経済も強くはならないだろうし、政治も教育も良くならないだろうなぁ、と。そんなことを思った次第。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egg.blog1.fc2.com/tb.php/232-ac21b01e

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。