2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロミストで遺伝子型ダイエット ニュースぴっくあっぷ

 ちゃんとしたコメントは機会があれば。適当に関心を持ったニュースをピックアップ。結構、古いニュースも混ざってますので、その辺は御注意を。
 以下、青字・緑字は引用(太字は僕個人の強調による)。
=====================
遺伝子型ダイエット (2006年1月4日)

 自分のもつ肥満遺伝子の型に基づいて行うダイエット法。株式会社日本ウェイトマネージメントの登録商標。後述する簡単な検査によって遺伝子を知ることができ、それによって自分にあうダイエット法を調べることができる。日本人の遺伝子型は大きく三つのタイプに分けることができる。「リンゴ型」は内臓脂肪でお腹がぽっこりと出ているのが特徴。ご飯、パン、もち、ビールなど糖質が好きで、糖尿病、脂肪肝などを誘発するリスクが大きい。ダイエットは糖質を減らすこと。
 「洋ナシ型」は皮下脂肪が多く、下半身太り。肉、揚げ物、ケーキ、チーズなど脂肪が大好きで、女性は婦人科系病を誘発するリスクが高い。ダイエットは脂肪を減らすこと。
 「バナナ型」は筋肉が少なくやせ型だが、一度太るとやせにくい。野菜、魚貝、豆腐などさっぱりしたものが好きだが、低血圧、うつ病などを誘発するリスクが高いのが特徴。ダイエット法はタンパク質を増やすことである。日本ウェイトマネージメントは「肥満遺伝子検査キット」を販売しており、口中を綿棒でぬぐって宅配便で送ると、肥満遺伝子検査の結果が届くシステム。



 僕は普段は痩せていますが、太り始めると、どれかと言えばリンゴ型ですね。って、男性は大概がリンゴ型な気がするが。実際、御飯・パン・もち・ビールなど、炭水化物系が大好きです。あと麺類も外せない。
 自分で決めている体重があって、そのラインを越えたらダイエットをするという生活を何年も繰り返しているせいで、体型はリンゴ型にならずに済んでいますが、どんだけ食べても太らない身体が欲しい。


============================
マイクロミストサウナ (2005年12月22日)

 松下電器産業のグループ会社である松下エコシステムズが東京ガス、大阪ガス、東邦ガスの技術協力で開発した装置で、粒径が1000分の1ミリメートル以下という超微細水粒子の「マイクロミスト」が噴出して、家庭で本格的なサウナ気分を味わうことができる。ノズルから噴射した温水を高速回転の羽根車にぶつけて破砕することで、微細な水滴をつくりだす。街中にあるドライ(乾式)サウナ風呂は、75~100度という高温で5~15%の低湿度の状態を保ち、汗を引き出す。しかし、家庭内で浴室温度を高温に保つのはむずかしいので、温度ではなく湿度を高める手法をとる。これが霧状の温水を噴射する「ミストサウナ」だが、水粒の大きさが0.1ミリメートルもあり、サウナというよりも霧のシャワーのようである。その水粒を極端に小さくしたのがこの「マイクロミストサウナ」で、1000分の1ミリメートルという粒径なので目に見えず、手をかざしても濡れない。サウナ入浴中でもテレビや雑誌を見ることができ、メガネも曇りにくい。室内の温度は37~45℃だが、湿度は70%にも達し、15分で玉のような汗が噴き出してくる。毛穴が開くので、浴槽につかるより発汗量は多い。



 興味深いのは、同じ水なのに、単に粒子の大きさが違うだけで起きる現象も違うという点です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egg.blog1.fc2.com/tb.php/236-cd990a00

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。