2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

団塊世代は金の卵、90時間働かせるべし ニュースぴっくあっぷ

 ちゃんとしたコメントは機会があれば。適当に関心を持ったニュースをピックアップ。結構、古いニュースも混ざってますので、その辺は御注意を。
 以下、青字・緑字は引用(太字は僕個人の強調による)。
=====================
団塊世代は「金の卵」 ローソン、定年予備軍採用へ

 コンビニエンスストア大手のローソンは四日、「団塊の世代」が定年退職する「二〇〇七年問題」対策として、新年度から定年を控えた五十五歳以上の中高年の人材を積極採用する方針を明らかにした。定年予備軍の技術や感性を生かし、高齢化社会に対応した商品やサービスを開発する。流通業界にとって高齢者向けの店舗運営が大きな課題となっており、新しい雇用の取り組みとして注目されそうだ。
 高齢者をターゲットにした店舗も新たに開発する考えで、新浪剛史社長は「買い物をしてすぐ店を出るようなこれまでのコンビニの形態とは一線を画し、椅子(いす)を多く配置するなどバリアフリーを進め、お年寄りの憩いの場になるような店づくりにする」と述べた。店舗面積も標準店より広く確保するなど、「他業態との提携も視野に入れる」(新浪社長)という。
 弁当や飲料などの商品開発の分野でも高齢者のニーズを取り込むため、定年が近い世代を積極採用することにした。人数や給与などの採用方針は今後詰める。
 高年齢者雇用安定法の改正で六十五歳までの雇用延長が企業に義務付けられるのに伴い、六十歳以上の定年退職者を再雇用する制度の導入を検討する企業が多い。しかし、ローソンは「働ける期間が五年しかない定年退職者の再雇用に比べ、『あと十年、第二の人生を頑張らなくては』というチャレンジ精神を生かせる」(新浪社長)と判断。中高年の積極採用を進めることにした。
 昭和二十二-二十四年に生まれた団塊の世代は約六百七十万人いるといわれる。労働人口が減少する中で、団塊の世代は新たな「金の卵」として期待されそうだ。(産経新聞) - 1月5日2時30分更新



 働きたい人が働ける状況は良いことなのでしょう。労働者としても、消費者としても期待されているということになります。資産のある老人の方々は積極的に消費してお金を循環させていただきたいものです。消費、即、悪という考えの人もいますが、消費は、どこかで誰かのためになります。パチ屋に投入するのはどうかと思いますが、地元の商店とかで買い物を積極的にすることは誰かのためになる消費です。

====================================
研修医、7人に1人は週90時間以上労働…筑波大調査

 研修医の労働環境は2004年に始まった新制度で改善されたとされるが、依然、7人に1人は週90時間以上の激務を強いられていることが、筑波大付属病院の前野哲博・助教授らの調査でわかった。
 90時間を超えると急激に強いストレス症状が出ることも判明、研修医に限らず、勤労者の労働環境のあり方を考えるうえでも貴重なデータとなりそうだ。
 調査は03~04年、全国46か所の大学病院、医療機関で働く研修医910人を対象に行われた。労働時間、睡眠時間、自由時間や感じるストレス度などを記入してもらう方式で、研修開始前から開始9か月後まで追跡できた445人の回答を分析した。
 9か月後の時点で、回答者の平均労働時間は74時間だったが、15%は90時間以上だった。これは、休日なしで1日平均約13時間働いている計算になる。

 「うつ症状」「疲弊感」などのストレス反応を測る数値も、90時間以上の人は急激に高まり、それ未満の人たちに比べ40%も悪化した。特徴的なのは、90時間未満は時間が増えてもストレス度に変化がないのに、それを超えると労働時間の増加に比例して度合いが高まったこと。

 労働時間が増えると、最初は自由時間を削って対処するが、90時間以上になると睡眠時間を削ることになる。その結果、患者にやさしく接することができなくなり、医療ミスを起こしやすくなることもわかった。
 一方で、仕事における「自由裁量の度合いが高い」「達成感がある」「同僚、上司の支援がある」という人は、90時間以上働いていてもストレス悪化を示す数値が低かった。

 前野助教授は「過酷な労働条件はストレスが高まり、医療の質の低下を招く。研修医の労働時間を80時間に制限している米国のように上限を定めることも必要。研修医の達成感、裁量度を高める指導体制の充実も急務だ」と分析している。(読売新聞) - 1月6日13時49分更新



 医療を受ける方の安全という側面からも、研修医の労働時間は制限した方がいいと思われます。そうすることで、雇用される医者も増えるし。
 この記事は、研修医の話に限らず、労働環境の考え方にも色々と役立つと思える。「自由裁量」「達成感」「同僚、上司の支援」のある環境って、言うのは簡単だが、実現するのは、なかなか難しいのですけどね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egg.blog1.fc2.com/tb.php/244-a2b4a4f2

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。