2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5歳で英検準2級、中年の国語力を上回る? ニュースぴっくあっぷ

 ちゃんとしたコメントは機会があれば。適当に関心を持ったニュースをピックアップ。結構、古いニュースも混ざってますので、その辺は御注意を。

 以下、青字・緑字は引用(太字は僕個人の強調による)。
=====================
ミラクル5歳、英検準2級合格 豊見城の玉城泰斗ちゃん

 日本英語検定協会の英検で玉城泰斗(やすと)ちゃん(5つ)=豊見城市=がこのほど、準2級(高校1―2年程度の英語力)に合格した。県内では最年少となる5歳での合格は2人目。3歳から英会話スクールに通う泰斗ちゃんは「練習問題をやっていたので自信はあった。(1級まで)全部とりたい」とうれしそうに話した。
 泰斗ちゃんは3歳で宮古島の英会話スクールに通い始め、英語に親しんできた。4歳で5級、4級、3級を続けて受検し、それぞれ1回で合格。豊見城市に引っ越した昨年4月からは市内の英会話スクール「IAC」(ウッド・クリストファー代表)に週3回通い、ゲームや音楽を織り交ぜながらレッスンを受けている。
 宮古島に住んでいた時から一緒に英会話を学ぶ兄・太成君(上田小1年)も6歳で英検準2級を取得。泰斗ちゃんは「英語で遊ぶのは楽しい」とにっこり。「大きくなったら宇宙飛行士になりたい」と話している。
 母・久美子さん(34)は「親としても頼もしい。自分の好きなことを見つけて、何でも挑戦してほしい」と笑顔で話した。
 検定協会によると、県内では2005年度第1回検定(6―7月)で県内から別の5歳児が合格しており、10月から11月にかけて実施した第2回検定で泰斗ちゃんが合格した。(琉球新報) - 1月14日10時48分更新



 英検って、文脈判断って要らないんだっけ?。
 5歳で英語自体ができることには驚かないけど、試験を受けて解くという「国語力」とか「文脈力」に驚く。この子の国語力を知りたくなる。
 小さい頃から英語に親しむこと自体は、言葉に対する鋭敏さを磨くとも思えるので、それ自体は悪くないのでしょう。まあ、これをきっかけにして、国語をちゃんとやって欲しいな、という感じはしますが。


=============================
ジャストシステム、日本語テストを実施 -予想に反した結果も

 ジャストシステムは12日、漢字や仮名づかい、敬語、文法、手紙の表現など日本語のレベルを簡単に調べることができる「ATOK presents 全国一斉!日本語テスト」を期間限定で開始した。問題は「『危機いっぱつ』の正しい書き方は、どっちでしょう。」(例題)などといったもの。回答は選択式で、最近ゲームソフトでも人気の、脳のトレーニングに似た感覚で楽しむことができる。
 同社は2005年12月に同じテストをWeb調査方式で実施しており、プレテストは以下のとおりに行われた。

・内容:漢字力、表記力、文法、敬語、手紙の常識、語彙力を問う多肢式30問
・問題作成:『明鏡国語辞典』編集委員の鳥飼浩二氏
・全回答人数:首都圏に住む10~50代の男女1,037人(男性49.9%、女性50.1%)

 プレテスト結果では、慣用表現の誤用は、10代~20代の方より、40代~50代の方が多かったとされる。敬語は20~30代の社会人、現代かいによる読み書きは10~20代の学生が得意とし、上の世代が逆に不得意とするなどの構図が浮き彫りにされた。

・総合平均点:59.6点(男性58.8点、女性60.4点)
・年代別平均点:1位:50代(60.9点) / 2位:20代(60.2点) / 3位:30代(59.7点) / 4位:40代(58.8点) / 5位:10代(58.7点)

 今回の調査では、一般に日本語の誤用が多いと指摘される若者の正解率が、むしろ高かったという意外な結果が出た。これは逆に言えば、高年齢層が若年齢層よりも日本語の誤用が多かったということ。よく「今の若者は言葉づかいをしらない」と言われるが、実際はそうでもないようだ。

 例えば「知らなさすぎる / 知らなすぎる」から適切な表現を選択する問題では、40代女性(70.2%)の誤答率がもっとも高かった一方、正解率では20代女性(53.4%)がトップという結果になった。

 現代仮名づかいによる読み書きや外来語の問題は、若年齢層が得意とする結果になった。「じしん / ぢしん」「ちかづく / ちかずく」から正しい表記を選択するといった問題では、高校生が正解率トップを獲得することも。現代仮名づかいで育った環境による成果と考えられる。

プレテストによって分析された主な結果
・手紙言葉に強い40代、50代
・全体的に正答率の低いのは慣用表現
・敬語に強いのは40代女性
・高齢者にも多い誤用

 問題作成者の鳥飼浩二氏(『明鏡国語辞典』編集委員)は「日本語力テストの総合点において、高年齢層と若者にあまり差がなかったことは少し意外だった」と語った。氏の予想では高年齢層なら63点、若者で58点くらいだったという。

 同氏は総じて、「男性より女性が高得点というのは、生活環境もさることながら、心遣いや神経のこまやかさといった女性独特の性向が反映しているのではないか」と分析。「いずれにしても、日本語を使う人の一人一人が日本語に対して十分に意識的であることが大切だ」と語った。

毎日パソコン入力コンクール全国大会が開催 - 目指せタイピング日本一!
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/11/20/001.html

一太郎の最新版、2006年2月に発売 - 文書の最終確認に配慮
http://pcweb.mycom.co.jp/news/2005/11/01/005.html

ジャストシステム
http://www.justsystem.co.jp/

ATOK presents 全国一斉!日本語テスト
http://www.atok.com/nihongotest/

(MYCOM PC WEB) - 1月13日2時20分更新



 平均的なレベルで言えば、おじさん・おばさんも日本語がおかしい人はたくさんいるので、まあ、こういう結果になるのも分かる気がします。年長世代の日本語力が低ければ、若者世代の日本語力が上がらないのも、ある意味当然ではあるのでしょう。以前にも少し書いたことがありますが、塾の先生とかも、国語の先生以外の日本語力に疑問を持つことが多かったですから。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egg.blog1.fc2.com/tb.php/249-6a8f24ad

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。