2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所得で意識が違う?、介護を頑張れリーマン ニュースぴっくあっぷ

進学も格差…子どもへの期待や費用、所得で開き

 家庭の所得によって、子どもの進学への期待や習い事にかける費用に格差が出ていることが、「こども未来財団」(東京都港区)の調査で明らかになった。
 調査は昨年10月、20~44歳の既婚男女約2400人に行い、回答者の家庭所得を年収「200万円未満」から「1000万円以上」まで6分類した。

 1000万円以上の家庭では89%が子どもに大学・大学院進学を希望しているのに対し、200万~400万円未満は44%、400万~600万円未満は60%。200万円未満の家庭では30%が「特に希望はない」と答えた。

 第1子に習い事をさせる割合や平均月謝額も所得に“比例”。1000万円以上の家庭の79%が習い事をさせ、約2万7000円の月謝を払っているのに対し、400万~600万円未満と200万~400万円未満の家庭では、それぞれ52%、約1万2000円と38%、約9600円だった。調査にかかわったお茶の水女子大の坂本佳鶴恵教授(社会学)は「子どもの教育費は『かかる』というよりも『かける』ということが明確に表れた。所得差が教育格差につながりかねない。子育て世帯への教育費の支援が今後の課題になる」と話している。(読売新聞) - 3月14日14時38分更新



 「教育」でやるべきではないと思うことは、「可能性を潰す」ことだと僕は考えている。金持ちになりたいと思わない子供が、金持ちにならなくても良いとは思う。でも、金持ちになりたいのに、なる機会すら奪われる社会が到来してしまうことは望ましくない。
 また最初から、そういう「やる気」が生まれない社会も・・・。


===============================
介護ロボット 世界初、人を抱き上げ声も 理化学研が開発

 独立行政法人・理化学研究所は13日、人を抱き上げるロボットを世界で初めて開発したと発表した。声の方を振り向いて呼んだ人を見つけたり、においから衛生状態をチェックするセンサーも備え、「介護現場で力仕事を柔軟にこなす存在にしたい」という。
 「人と相互作用するロボット」の英語の頭文字から「リー・マン」と命名。身長158センチ、重さ約100キロ、車輪で動く。座った人に近寄り、背中とひざ裏に腕を回して抱き上げ、「よっこらしょっと」と声も出す。新開発の触覚センサーで、胸と腕に重さが分散するよう上体を微調整する。
 同研究所バイオ・ミメティックコントロール研究センター(名古屋市守山区)が3年前から開発してきた。制作費は約4000万円。今は抱え上げる重さは35キロまで。5年後の実用化を目指す。【山田大輔】(毎日新聞) - 3月14日10時12分更新



 介護などをする場合に、人が主導でやるべきなのでしょうけど、そうは言っても力仕事に限界があることは事実。そこでこういう科学の登場ですよ。
 あえて「よっこらしょ」と言わせるところが好きです。頑張れリーマン。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://egg.blog1.fc2.com/tb.php/251-5f53057c

«  | topへ |  »

about

 本サイト(まぜたま)では書かないような、頻繁な「メモ更新」「ニュースぴっくあっぷ」&読書メモ(「物語」と「一般」に分類)のblog。
 カテゴリ別で「ニュース」を見ると、なかなか読み応えがあります(僕の文章がということではなく、集まっている情報がということです)。

 「はれたま」の日常更新は読ませることを前提とせず、思いつくまま書いているので御注意ください(言い訳)。そもそも、「まぜたま」は読ませることが前提になっているのか?と言われると微妙なんだけど、更新にかけている「時間」は、かなり違います(苦笑)。

RECENT ENTRIES

CATEGORIES

MONTHLY

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。